資産1億円あったら運用で完全リタイア生活は可能か?ポートフォリオに組み込むべき投資先(預け先)を考える。(40歳・50歳・60歳夫婦で考え方は変わるのか)

1億円以上の資産運用

資産1億円あったら運用で完全リタイア生活は可能か?ポートフォリオに組み込むべきおすすめの投資先(預け先)を考える。(40歳・50歳・60歳夫婦で考え方は変わるのか)BMキャピタルなどヘッジファンド、インデックス投信、不動産

資産1億円というと、日本では「富裕層」の仲間入りといわれる水準です。

アメリカでは「ミリオネア(100万ドル)」と言われる水準ですね。為替を考慮すると少しずれますが、同じようなものです。

 

millionaire

 

純資産1億円が富裕層と言われる理由は以下の野村総研が毎年出しているピラミッド図によるものでしょう。

 

1億円以上ー5億円未満が富裕層で日本には124万世帯いるとされています。全体の2%程度です。

100人に2人なので、日本でもトップクラスの資産家と言えるでしょう。

 

今回の記事では、「流石に1億円の資産があれば完全リタイアは可能では?」と考える人に向けて。そのリタイアの実現性と資産1億円が秘める未来の可能性について少し考えていきたいと思います。

筆者の資産額もまさにこのゾーンに位置しており、良い考察ができればと思います。ここでいう「完全リタイア」とは、資産運用のみで生活費を全て賄う、全く働かないライフスタイルを指します。

 

 

 

合理的に考えると・・・資産1億円で完全リタイアはしない方が良い

すでに資産3000万円を保有している場合のリタイアについて考える記事でも述べたことですが、1億円で完全リタイアは心許ないです。

そして、とても勿体無いです。

 

まず、完全リタイアをして良い水準についての考え方です。

以下は総務省が毎年発表している全国平均の月々の生活費です。

地域別にみた2人以上の勤労者世帯の消費支出

<総務省「家計調査年報」/2020年>

 

人それぞれ月々の生活費は異なりますが、大体がこの全国平均の月々30.5万円ほどに収束するのではないでしょうか。

毎日飲み歩いていない限りは現代ではテクノロジーの進展もあり、そこまで生活費は爆発的な大きさにはならないと思います。

 

さて、完全リタイアしても良い資産水準ですが、結論は2.3億円です。

筆者は酷く臆病ですので、生活費の2倍を運用益で賄えるくらいでないと完全リタイアはしません。

 

計算としては以下です。

・年間の生活費は、30.5*2倍*12ヶ月=732万円

・税前は732/79.685%=918万円(キャピタルゲイン税、配当税は日本は20.315%)

・918/4%=2,2950万円(一般的に現実的と言われる利回りは4%)

 

1.5倍の生活費であれば必要資産は1.7億円になりますし、1.2倍であれば1.37億円になります。

自分のリスク許容度、または個人事業主としてある程度稼ぎを出せるのであれば、それも考慮して考えると良いでしょう。

 

いずれにせよ、少しでもバッファを持たせると1億円での完全リタイアは少し厳しいですね。

1億円をシンプルに4%利回りで回すと400万円、税後は320万円です。

30.5万円/月の年間生活費は366万円です。そもそも46万円不足していました。合理的に考える必要もなく、不可能でした・・・(失礼しました)

 

安全にリタイアを目指すのであれば、筆者の臆病な完全リタイアプランを踏襲してほしいです。即ち2.3億円まで資産を引き上げる努力をしてほしいです。

 

現代では何が起きるかわかりません。実際に筆者の周りでもコロナショック以降の異次元金融緩和により株式投資で稼ぎリタイアをして人が複数人いました。

しかし、2021年末からの金融引き締め(テーパリングから開始)開始以降、獲得した利益のほとんどを株式市場に吐き出してしまいました。

会社もすでに退職していたので、前職よりも低い年収で別の勤務先に勤めることになったという話でした。

 

実際にコロナ感染によるパンデミックが読めた人もいませんし、ロシア・ウクライナ戦争を読めた人もいないでしょう。

 

戦争 コロナ感染拡大騒動

 

世界は非常に流動的で、不確実性が増しています。確固たる資産を築くまでは、無理に完全リタイアをしてしまわないことが大切だと筆者は考えています。

特に、年代が後半であればあるほど保守的に考えるべきです。40代、50代前半であればまだリスクを取った運用が可能です。

 

しかし、50代後半、60代以降の運用は絶対に失敗できません。まだ体が元気で、勤め先があるのであれば容易に定年退職することなく、できるだけ安定収入を獲得する心構えが必須です。

 

 

資産1億円の可能性について

「スノーボール」という言葉をご存知でしょうか?雪玉です。

snowball roll over

 

いわゆる「お金持ち」になるにはこのスノーボールの概念が必須です。スノーボールを作ることでしか資産家への道は開かれていません。

スノーボール、つまり資産額(元本)が大きくなればなるほど運用における破壊力が増していきます。

 

シンプルに考えて、100万円で毎年4%のリターンを獲得しても次の年には104万円になっているだけです。2年目が終わると108万円です。

1億円で4%のリターンを獲得すると、1億400万円になっていますね。2年目が終わると1億816万円になっています。

100万円で運用している人は一生1億円で運用している人には追いつけません。

 

世間一般に現実的な資産運用の利回りが4%とされているの背景は、トマピケティ氏著書「21世紀の資本」があります。

歴史上殆どの期間で4.5%、調子のよい時で5%程のリターンとなっているとのデータが公表されました。

 

平均運用利回り

 

さて、せっかく1億円の元本があるのであれば、完全リタイアなどして運用益から生活費を払うなんてことはせずに、複利を活かして一気に2億、3億円と資産を大きくしていくべきだと筆者は思います。

複利運用を成功させるには、できるだけ元本を大きくする努力が必要です。生活費を払うために取り崩していては、複利効果を半減させてしまいます。

 

1億円を4%で複利運用した場合は以下の通りです。10年間で4800万円増えることになります。

生活費で毎年取り崩してしまうパターン(単利)で計算すると毎年320万円(税後)運用益で、10年間なので3200万円のリターンになります。

複利を活用しないことで実に1600万円もの差がつきます。税金を毎度支払うことにより、運用効率も非常に悪くなってしまっていることがわかりますね。

 

4%運用

 

さらにこの投資に毎年200万円(9年、1800万円)の追加出資をしていくと、恐ろしい数字になります。なんと10年で約7,000万円増加です。

追加出資分を抜くと5200万円です。上記より400万円もリターンが増えています。

 

追加投資をした場合

 

「スノーボール」の概念が理解できたでしょうか?

やるべきことはとてもシンプルです。

  1. 可能な限り投資元本を大きくする努力(本業などから追加投資資金を作る)をする。
  2. 堅実な利回りで複利運用(利益確定して税金を払わない)を実行する。

 

複利効果は投資の王様、ウォーレンバフェット氏も、アインシュタインもその価値を誰よりも認めています。

以下はバフェットの名言です。

Value investors always take a long-term perspective, we want to think we are superior and are not concerned about getting rich tomorrow but over a period of ten-years instead.

Value investors are not concerned with getting rich tomorrow. People who want to get rich quickly, will not get rich at all. There is nothing wrong with getting rich slowly.

日本語訳👇

急いでお金持ちになろうとする人は、けっきょくはお金持ちになれないのです。時間をかけてお金持ちになるのは、ちっとも悪いことではありません。

 

アインシュタインも以下のように語っています。貧富の差というのは、この複利が起点となっているのです。

「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う(“Compound interest is man’s greatest invention. He who understands it, earns it. He who doesn’t pays it.”)」。

 

アインシュタイン

出典:AZQUOTES

 

 

問題は、投資先の選定です。資産が1億円を超える人がここを間違えると派手に人生が狂います。

 

小休止:金融資産 1 億円-2億円以上の人達の日常

リタイア生活

 

投資先の前に、少し筆者の周囲にいる金融資産1〜2億円ほどの人について。

筆者は現在30代ですが、なかなか金融資産1億円以上の保有者はいません。

 

投資銀行勤務、外資系金融の株式、コモディティトレーダー、起業家、不動産投資家、創業した会社を株式譲渡したなどの人が挙げられます。

そして、想像に反して優雅な生活をしているかと思いきや、1億円を達成する前よりも働いています。

 

トレーダーの日常

 

これはもちろん事業欲、労働欲が強いこともありますが、1億円を築いたことでさらに上が目指せることに気づいたパターンが多いと思います。

また、普通のサラリーマンでも40代、50代になってくると1億円を達成する人たちは出てくる印象です。

 

彼らに共通するのは非常に質素な生活をしつつ、堅実な運用をしているということです。

つまり、彼らは元本を育てる、スノーボールを作る達人であるということです。彼らの生活は一般の人と大きく変わらず派手ではなく、「夢がない」とも感じますが精神的な余裕は当然異なります。

 

 

何よりも資産が自分の安心、自信に繋がり、自分の人生を生きているように感じます。筆者自身も1億円を超えたところから、生活の質が向上したように思いますし、何よりも前にも増して向上心が湧きました。

資産2億円程度の資産家の日常は一般の人とそう違いませんが、精神的な面で大きな違いがあるのでは?と個人的にも感じています。

 

 

ポートフォリオを組む上で選択すべきアセットクラス

株式、ゴールドなどコモディティ、債券、現金、様々ありますが、最も効率よく運用で成果を出せるアセットクラスは歴史が証明しています。

それは株式です。以下の通り、200年の時を経ても株式だけは価値が右肩上がりに成長しています。

 

有望なアセットクラス

 

長期的な複利運用投資を行うのであれば、今後も上昇が見込むことができる資産にBETすべきです。

とはいえ、個人で株式投資をすると99%失敗してしまいます。

 

そこで考えられるのが、株式投資に投資をしているプロに任せることですよね。

投資信託や、ヘッジファンドなどが選択肢になると思います。

 

投資信託(インデックス投信)・ヘッジファンドで堅実運用

 

筆者の場合は米国、世界の株価指数に連動するインデックス投資、そしてヘッジファンドでポートフォリオを組んでいます。

これは筆者がまだ30代前半であり大きくリスクが取れることが背景となった割合であること御留意ください。

 

筆者が資産1億円の時のポートフォリオ:

  • 国内ヘッジファンド:70%(年利回り10%以上を目指す)
  • 米国インデックス投信:20%(年利回り6%を目指す)
  • 世界インデックス投信:10%(年利回り4%を目指す)

 

筆者はまだ30代のサラリーマンですので、本業収入もあります。年間700万円を追加投資しています。

上記の中でリスクが高いといえばヘッジファンドになるのかもしれませんが、下落相場でも年利回り10%を獲得しきている現状では、40代、50代、60代になっても上記の割合は今のところ変える予定はないです。

 

アクティブファンドはなぜダメか?

アクティブファンドに関しても3年ほど昔投資をしつつ、様々検証してきたのですが明らかにパフォーマンスが悪く全面撤退しています。

以下の金融庁データの通り、アクティブファンドの低迷する成績が際立ちますね。

 

分類 5年シャープ
レシオ平均
5年累積リ
ターン平均
(%)
エクスペンス
レシオ平均
(%)
ファンド数 期初純資産額
(億円)
全ファンド(パッシブ) 0.4 22.6 0.44 450 66,366
全ファンド(アクティブ)  0.2 9.7 1.49 3,029 555,260
国内株式(パッシブ) 0.5 40 0.49 131 20,670
国内株式(アクティブ) 0.4 30.9 1.57 526 60,686
先進国株式(パッシブ) 0.47 37 0.38 63 7,747
先進国株式(アクティブ) 0.23 12 1.79 415 76,969
新興国株式(パッシブ) 0.24 15.2 0.54 22 751
新興国株式(アクティブ) 0.2 12.8 1.96 220 24,766
グローバル株式(パッシブ) 0.44 32.6 0.26 2 47
グローバル株式 (アクティブ)  0.17 8.2 1.78 34 12,014

 

年平均リターンに計算をし直すと以下の通りとなります。アクティブファンドの平均年利回りは1.74%です。

パッシブ(インデックス)はまだ4.16%とまともな成績を出していますね。

 

分類 5年累積リ
ターン平均
(%)
平均年利回り
(%)
全ファンド(パッシブ) 22.6 4.16%
全ファンド(アクティブ)  9.7 1.74%
国内株式(パッシブ) 40 6.96%
国内株式(アクティブ) 30.9 5.53%
先進国株式(パッシブ) 37 6.50%
先進国株式(アクティブ) 12 2.29%
新興国株式(パッシブ) 15.2 2.87%
新興国株式(アクティブ) 12.8 2.44%
グローバル株式(パッシブ) 32.6 5.81%
グローバル株式 (アクティブ)  8.2 1.59%

 

インデックス投信はどこを選ぶ?

 

個別株も色々と挑戦してきましたが、結局は以下のようなシンプルなポートフォリオに落ち着きました。米国インデックスはバンガード社のVTIを購入しておけば良いでしょう。世界インデックスはeMaxis Slim 全世界株式で良いと思います。

  • 国内ヘッジファンド:70%(年利回り10%以上を目指す)
  • 米国インデックス投信:20%(年利回り6%を目指す)
  • 世界インデックス投信:10%(年利回り4%を目指す)

 

王道中の王道中ですので、購入後はもうしばらく口座すら見なくても良いかもしれません。上記の比率で本業などから得た収入を自動積み立てしていくと良いと思います。

 

ヘッジファンドはどう選ぶ?ヘッジファンドとは?

 

ヘッジファンドは絶対収益型のファンドで、下落相場の中で大きなリターンの獲得を狙うファンドです。

筆者が投資をしているヘッジファンド(BMキャピタル)を含め、以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてくださればと思います。

 

【2022年】個人投資家がアクセス可能な日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング。個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

軽く触れておくと、ヘッジファンド(私募ファンド)は投資信託(公募ファンド)とは大きく異なります。

公募ファンドはテレビCMなどで公に広告を出したりして出資者を集めています。公募ファンドは情報が沢山世の中に流れていますが、ヘッジファンドは情報が限定的であるため、謎の組織という印象になってしまいます。

 

私募ファンドは規制により公に出資者を募ることができません。しかし、その代わりに金融庁からの規制は緩く「運用の自由度の高さ」が大きなメリットとなります。

投資信託では目論見書に記載した通りに運用を実行しますし、ショートポジションなどを持つことはできません。ヘッジファンドは制限なく、ファンドマネジャーの判断次第で投資先を決め瞬時にリターンを最大化させていきます。

 

一見、攻めの投資を積極的に実施していくイメージすら湧いてきますが、攻撃は最大の防御とも言える運用を行なっており、例えば筆者が預けているBMキャピタルは下落耐性がとても強いです(リーマンショック、コロナショックなど総じてプラスリターン)。

 

一般的に私募ファンドでは募集人数に制限があり、富裕層や機関投資家などを対象にした少数の、大きめの金額を投資してくれる出資者を集めて運用しています。

ヘッジファンドで運用を考える人はまとまった資金がないとそもそも投資ができません。つまり、富裕層以上に出資者は限定されるわけですね。

最低出資額は1000万円ほどからが多いです。資産が1億円以上ある人であれば十分に出資資格があります。

 

↗︎↗︎↗︎【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

蛇足だがハーバード大学基金のポートフォリオは非常に参考になる

ハーバード大学基金は世界でも有数の運用成績を収めている機関投資組織です。ポートフォリオは公開されており、これは個人投資家が自身のポートフォリオを組成するにあたり、非常に参考になる情報となっています。

 

同基金の長期の運用成績を見てみましょう。

以下は2016年までのデータですが、ハーバード大学基金の長期におけるパフォーマンスの高さを証明するために一旦ここに貼っています。

ハーバード大学基金の運用

 

気になる運用成績ですが、20年平均で年率10.4%のリターンを叩き出しています。

 

BenchMarkは米国の株式指数でUS 60/40は米国株60%、債券40%の指数、Global 60/40は世界の株60%、債券40%の指数、CPIはインフレ率です。全てを大きく上回っています。

 

以下はハーバード大学基金の2020年時点のポートフォリオなのですが、かなり分散投資をできていることが分かります。

 

ハーバード年金基金の投資比率

 

投資比率 2020年リターン
上場株 18.9% 12.2%
未公開株 23.0% 11.6%
ヘッジファンド 36.4% 7.9%
不動産 7.1% -0.5%
天然資源 2.6% -6.2%
債券 5.1% 8.2%
その他 1.3% -17.5%
現金 5.6% -
Total Return 7.3%

参照:2020年のハーバード大学基金

 

上記を踏襲するのであれば、上場株ポーションである18.9%をETF組成に定番のある米バンガード社のETFを用いて組成します。上記の項目でも米国インデックス投信と既に触れていますね。

 

バンガード社のETFについてはV〇〇と三文字で表され非常にわかりづらいのですが、投資範囲毎に以下のように図解することが出来ます。

 

VT

 

ハーバード大学の上場株ポジションについては上記の図の通り世界株全体に投資することができるVTで代用することができます。

 

PEファンドとヘッジファンドの合計のポジションは59.4%となっていますが、PEファンドは個人で投資するのは難しいです。ヘッジファンドは上記で述べた通り投資可能です。

PEファンドとヘッジファンドは共にオルタナティブ投資といわれるもので、近年ハーバード基金を始め日本の生命保険会社や欧米の富裕層の間で重宝されている新しい投資の形態です。

 

筆者は上場株、ヘッジファンドをポートフォリオに組み込んでいますが、ハーバード大学基金は不動産、債券などでさらに分散していますね。しかし、大部分の比率は筆者のポートフォリオと考え方は一緒です。

 

 

まとめ

今回の記事では資産1億円で完全リタイアは合理的ではないという話をしました。

実際に、それだけの元本があれば堅実に資産運用をするだけで加速度的に資産が増えていきます。1億円がゴールだと思っていた人も、その事実を知りさらに資産運用に励んでいくことが多いです。

 

1億円を作る、というのは簡単ではないのですから、作ったことによるメリットを享受していくべきだと思います。

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-1億円以上の資産運用

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5