金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

1億円以上の資産運用

金融資産2〜3億円あったら完全リタイアは可能か?50歳以降や60歳以降で発生する費用からFIREに必要な金額を算出!

2022年3月8日

一体どれくらいの資産があれば、私達は完全リタイアできるのでしょうか?ゴールを設定するのは非常に大切ですよね。

資産が2億円、3億円ある人からすれば完全リタイアは十分可能に見えますが、果たしてそれは正しいのでしょうか?

 

筆者も同じステージにまさに位置しており、日々悩み現時点の結論を出していますので、参考なればと思い筆を取っています。

また、運用をするにしてもどのようなアセットクラスに振り分けるべきかも触れていきたいと思います。

 

 

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

 

金融資産「2億円~3億円」の価値

金融資産2億円~3億円の資産とは、非常に大金であることは言を待ちません。

 

サラリーマンの生涯年収は低い業種で2.5億円、金融・商社などの比較的高い業種で3.5億円となっています。

税金の支払い、家族の生活費、子供の養育費などを考えると、2億円を貯金だけで一般サラリーマンとして貯めるのは不可能であることがよくわかります。

 

サラリーマンにしても相当なエリートであるか、成果報酬の比率が大きい会社で活躍しない限りは到達しない金額です(遺産相続や生前贈与などは除く)。

若しくは、一般サラリーマンでも若手社員の頃からコツコツと積み立てし複利運用し、50、60代になり2億円に到達したというようなことはあり得るかもしれません。

富裕層」の称号は簡単に得られないことがわかります。

 

富裕層

 

つまり、富裕層以上の階層のボリュームゾーンは間違いなく事業家か投資家となってくると思います。

上記、野村総研のリサーチによると金融資産1億円以上の世帯でも全体の2.28%しかいません。

2億円~3億円となると、1%を余裕で切ってくる水準となってしまうでしょう。

 

2億円~3億円という資産があれば基本的には完全リタイアは可能

2億円~3億円があれば結論としてリタイアすることは可能です。

なぜ可能なのかについては、現実的な資産運用リターンを獲得できれば十分に生活費を賄えるからです。

 

現実的な資産運用リターン」は年利回り4%程度です。

二人以上世帯の平均生活費は月々30.6万円です。年間で367.2万円です。

運用益が毎年税後で367万円を超えれば良いのです。

 

2億円を4%で運用すると利益は800万円、税後で約640万円です。(キャピタルゲイン税金は20.315%)

367万円は十分に賄えますね。

 

現実的な資産運用リターン」は年利回り4%程度の根拠

これは、4%ルールとして様々なメディアでも取り上げられている数字です。

リタイアを目指すのであれば、4%の運用利回りで生活費を賄うことが必須といった風に。根拠はあまり書いているメディアは少ないですね。

 

この根拠はトマピケティ氏の著書「21世紀の資本」を基にしていると思います。

同書の中で、以下のような図があります。

歴史的な資本収益の平均的なリターン

参照:21世紀の資本論

 

あまりにも上記は有名な図ですが、純粋な資本収益率(即ち運用益)は4.5-5%とされています。

そして「g」の曲線ですが、こちらは世界経済の成長率を指し、つまりは人々の賃金の成長率となります。

賃金の成長率は4%に届かず、2012年から下降傾向にありますね。日本に関してはそれ以前から賃金の上昇は全くなかったのですが...。

 

人が働くよりも、お金が働く方が富は加速するというのは、目を背けてはいけない事実です。

資産運用を始める時期は早ければ早いほど絶対に良いと断言します。

 

現役世代に必要な生活費はいくら?

こちらは、総務省が出している統計データです。関東が最も高いですね。全国平均より月々2.1万円、年間25.2万円高いです。

地域別にみた2人以上の勤労者世帯の消費支出

<総務省「家計調査年報」/2020年>

 

しかし、上記みていただければわかる通り関東でも月間の住居費が2万円という現実離れした数値となっています。

これらの数値を現実的な数値として置き換えたものが以下となります。東京で子供2人を教育費をしっかりかけて育てた場合で算出しています。

 

元数値 調整後数値
食料 85,000 100,000
住居 20,100 150,000
水道光熱 21,400 22,000
家具 14,200 14,000
被服費 11,400 20,000
保険医療 13,900 14,000
交通通信 48,200 50,000
教育 21,700 150,000
教養娯楽 29,600 30,000
その他 56,300 70,000
合計(月間) 321,800 620,000
合計(年間) 3,861,600 7,440,000

 

東京は家族で住んで、子供にしっかりと教育費をかけると年間700万円以上が必要となります。

実際に東京で子供2人を抱えている方からすると上記の数字は違和感はないのではないでしょうか?

ですので、基本的には共働きが前提ということになってくるのです。

 

50歳から必要な生活費はいくら?

50歳で必要な金額についても算出していきましょう。

多くの方は55歳までは子育てを行い、55歳以降は子供が独り立ちしているので費用が変わってきます。

55歳以降にかかる費用は以下となります。

 

子供巣立ち前 子供巣立ち後
食料 100,000 60,000
住居 150,000 150,000
水道光熱 22,000 22,000
家具 14,000 14,000
被服費 20,000 10,000
保険医療 14,000 14,000
交通通信 50,000 30,000
教育 150,000 0
教養娯楽 30,000 20,000
その他 70,000 50,000
合計(月間) 620,000 370,000
合計(年間) 7,440,000 4,440,000

 

子供が巣立ってからの年間経費は約440万円ということになります。

 

60歳から必要な生活費はいくら?

60歳からの生活費についても考えてみましょう。

65歳までは年金が入ってこないので先ほどの440万円と同じと考えて問題ないでしょう。

ただ65歳になってからは30歳時にかった住宅ローンを完済しており住宅費も固定資産税のみとなります。

 

子供巣立ち後
(60-65歳)
老後
(65歳以降
食料 60,000 60,000
住居 150,000 20,000
水道光熱 22,000 22,000
家具 14,000 14,000
被服費 10,000 10,000
保険医療 14,000 30,000
交通通信 30,000 30,000
教育 0 0
教養娯楽 20,000 20,000
その他 50,000 50,000
年金収入(厚生年金) - ▲110,000
年金収入(国民年金) ▲205,000
月間合計(厚生年金の場合) 370,000 146,000
月間合計(国民年金の場合) 51,000
年間合計(厚生年金の場合) 4,440,000 1,752,000
年間合計(厚生年金の場合) 612,000

 

65歳以降は国民年金の場合は175万円で、厚生年金世帯は61万円となっています。

 

年代別!完全リタイアに必要な金額とは?

では本題に移っていきましょう。結局リタイアするために必要な金額はいくらなのでしょうか?

現役世代で完全リタイアするなら3億円、セミリタイア(FIRE)するとしても2億円は必要

年間740万円の必要経費を税後で4%のリターンで賄うためには2.3億円が必要となります。

740万円 ÷ 4% ÷ 80% ≒ 2.3億円

3億円あれば余裕で完全リタイアは可能となります。

 

ただ、仕事を辞めた後に何かしらの収入を得るセミリタイアやFIREという形であれば2億円で可能性です。

2億円を4%で運用した場合に得られる資本所得は年間640万円となります。

残り足りない約100万円を稼げばよいので、セミリタイアの基準を満たしているということができるでしょう。

 

50代で子育て終了後にリタイアに必要な資産は1億円〜1.5億円

子育てが終わった後に夫婦で必要な費用は440万円となります。

この440万円を利回り4%の税後リターンで賄うために必要な資産は1億4000万円となります。

440万円 ÷ 4% ÷ 80% ≒ 1.4億円

 

大分、現実味が湧いてきますね。

1億円の資産があれば完全リタイアは厳しくてもセミリタイアやFIREは可能となります。

 

60代で年金受給世帯でリタイアに必要な資産は2000万円〜6000万円

60代で年金受給世帯に必要な金額は以下となります。

必要資産
国民年金世帯(年間生活費175万円) 5500万円
厚生年金世帯(年間生活費61万円) 1900万円

 

厚生年金世代の場合は老後2000万円問題と近しい金額となりますね。

国民年金世帯の方は最低でも5000万円以上は確保しておきたいですね。

なお上記はあくまでお金を取り崩さない前提なので、「Die with Zero」を目指すのであれば、もう少し少ない金額でも可能となります。

 

筆者がリタイアしていない理由!複利で資産を積み上げて高みを目指そう!

筆者は現役世代で実際に2億円の資産はすでにありますがセミリタイアやFIREはしていません。

理由は、そもそも2億円を超える資産の可能性は計り知れないことを重々承知しているからです。

また、子息子女の進路を制限したくなく海外移住を将来考え、またその地で大きめの一軒家を購入したいと希望を持っているからです。

 

ハワイの一軒家

 

もし米国海外大に留学することになれば、子供一人につき3000-5000万円の学費と生活は4年トータルでかかります。

これは極端な例ですが、もし子供が希望するのであれば叶えてあげたいと考えています。

yale university

 

2億円以上の資産に到達したタイミングでこのような希望を持ちました。

もしかしたら、ここの読者の方々も新たな希望を抱いているのではないかと妄想しています。

 

2億円以上の資産とは、複利運用をうまく活用できれば青天井に資産を増大できるインパクトを持っています。

例えば2億円を4%複利で運用を10年続けると以下のような推移となり、10年後には3億円にほぼ到達します。

 

2億円4%運用

 

複利運用とは途中で運用益を崩さず、そのまま再投資、即ち税金を払うことなく運用益に運用益を重ねていくことになります。

完全リタイアして、毎年生活費を取り崩していては、そこがゴールになってしまい、それ以降は資産は増加しません。

反対に毎年追加投資をすればそのリターンは跳ね上がります。

 

スノーボール」の原理です。複利の効果はアインシュタインやウォーレンバフェット氏も唸るほどの、人類の最強の武器なのです。

これを生かさない手はありません。

 

snowball roll over

 

以下はバフェットの名言です。

 

Value investors always take a long-term perspective, we want to think we are superior and are not concerned about getting rich tomorrow but over a period of ten-years instead.

Value investors are not concerned with getting rich tomorrow. People who want to get rich quickly, will not get rich at all. There is nothing wrong with getting rich slowly.

日本語訳👇

急いでお金持ちになろうとする人は、けっきょくはお金持ちになれないのです。時間をかけてお金持ちになるのは、ちっとも悪いことではありません。

 

アインシュタインも以下のように語っています。貧富の差というのは、この複利が起点となっているのです。

 

「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う(“Compound interest is man’s greatest invention. He who understands it, earns it. He who doesn’t pays it.”)」。

 

アインシュタイン

出典:AZQUOTES

 

 

問題は、どのように運用していけば資産を効率よく、間違いなく増やしていけるかです。

堅実な運用利回りを長期で期待できる先を探す必要があります。

 

ポートフォリオを組む上で選択すべきアセットクラス

株式、ゴールドなどコモディティ、債券、現金、様々ありますが、最も効率よく運用で成果を出せるアセットクラスは株式投資と歴史が証明しています。

金 債券 株式 株式投資の未来 過去推移

 

しかし、個人で株式投資を実行するのはあまりにも危険です。獣道に武器なしで迷い込むようなものなので、やめましょう。

株式市場はそんなに甘い場所ではなく、弱者から躊躇なくお金を奪っていく場所です。

 

基本的に考えられるのが、株式に投資をする投資信託やヘッジファンドを活用することです。

株式投資に精通するプロに運用を任せることが、歴史上右肩上がりで上昇していくアセットで確実に成功を収めるためのアプローチとも言えます。

 

筆者自身も、散々株式投資には挑戦してきました。しかし、リターンは大きく出せず、労力ばかりかかり本業に支障をきたしました。

本業がある人間が魑魅魍魎が跋扈する株式市場へ挑戦すること自体が烏滸がましいことでした。

 

専業でトレードしている人達がいるのに、あまりにも自分の考えが甘く、深く反省しました。

結果的に、早くにこの事実に気づけたため、本業での収入を上げつつ資産運用で複利リターンを実現できています。

 

 

投資信託で運用するのであれば、基本的にはインデックス(パッシブ)で良い

投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドの2つの種類があります。

 

アクティブ型とパッシブ型(=インデックス型)の投資信託の違いとは?どちらのファンドがおすすめか徹底比較。現実を知っていれば大損地獄も回避可能

 

アクティブファンドは市場平均を上回るようなリターンを目指す投資です。S&P500のリターンが+5%であれば+5%以上を目指します。

それ以下の成績では投資家から叱責を受けるでしょう(実際は投資家は無関心なのか、そんなことはあまり起きないようです)。

 

インデックスファンドは市場平均に連動することが目標ですから、S&P500のリターンが+5%であれば+5%になります。

どちらを選ぶかですが、これはデータから見ましょう。

以下の金融庁データの通り、アクティブファンドの低迷する成績が際立ちますね。

 

分類 5年シャープ
レシオ平均
5年累積リ
ターン平均
(%)
エクスペンス
レシオ平均
(%)
ファンド数 期初純資産額
(億円)
全ファンド(パッシブ) 0.4 22.6 0.44 450 66,366
全ファンド(アクティブ)  0.2 9.7 1.49 3,029 555,260
国内株式(パッシブ) 0.5 40 0.49 131 20,670
国内株式(アクティブ) 0.4 30.9 1.57 526 60,686
先進国株式(パッシブ) 0.47 37 0.38 63 7,747
先進国株式(アクティブ) 0.23 12 1.79 415 76,969
新興国株式(パッシブ) 0.24 15.2 0.54 22 751
新興国株式(アクティブ) 0.2 12.8 1.96 220 24,766
グローバル株式(パッシブ) 0.44 32.6 0.26 2 47
グローバル株式 (アクティブ)  0.17 8.2 1.78 34 12,014

 

年平均リターンに計算をし直すと以下の通りとなります。アクティブファンドの平均年利回りは1.74%です。

パッシブ(インデックス)はまだ平均年利回り4.16%とまともな成績を出していますね。

 

分類 5年累積リ
ターン平均
(%)
平均年利回り
(%)
全ファンド(パッシブ) 22.6 4.16%
全ファンド(アクティブ)  9.7 1.74%
国内株式(パッシブ) 40 6.96%
国内株式(アクティブ) 30.9 5.53%
先進国株式(パッシブ) 37 6.50%
先進国株式(アクティブ) 12 2.29%
新興国株式(パッシブ) 15.2 2.87%
新興国株式(アクティブ) 12.8 2.44%
グローバル株式(パッシブ) 32.6 5.81%
グローバル株式 (アクティブ)  8.2 1.59%

 

結論、インデックス投信で良いと思います。

どのインデックス投信が良いかについては、筆者は色々検討した結果、米国インデックスはバンガード社のVTI、世界インデックスはeMaxis Slim 全世界株式に投資をしています。

 

それ以外にもインデックス投信はありますが、とりあえず上記が筆者の結論です。

これらのインデックス投信でポートフォリオの30%を占めています。

 

筆者なポートフォリオ

  • 国内ヘッジファンド:70%(年利回り10%以上を目指す)
  • 米国インデックス投信:20%(年利回り6%を目指す)
  • 世界インデックス投信:10%(年利回り4%を目指す)

 

ただし、2022年の米国を始めとした株式相場は暴落しており、金融引き締めが終わらない限り株式市場は出直りません。

また、まだまだ下落に向かう見込みであり、横ばい期間もそれなりに長期にわたるものと思います。ITバブル崩壊後は実に10年以上株式市場は上昇しませんでした。まとまった資金を今インデックスに投じるのは、筆者は間違っていると考えています。

 

 

ヘッジファンド投資でアップサイドを目指す

ヘッジファンドでアップサイドを目指していますが、筆者は派手なリターンを狙っているわけではありません。

(寧ろ派手なリターン、例えば月利数%元本保証、年利回り+40%などの投資は基本的に詐欺だと考えており、元本ごと失うのが怖いので投資はしません)

堅実で守りながら育てるという哲学を持ったヘッジファンドを探していたところ、BMキャピタルというファンドに巡り合いました。

 

BMキャピタル

 

 

日本では老舗とされ、着実にリターンを出すことで信頼が厚いです。

BMキャピタルはは基本的には伝統的なバリュー株投資を行い年10%程度のリターンを安定的に狙うことができます。

 

→ バリュー株投資とグロース株投資はどっちが魅力的!?見分け方や違いを含めて徹底比較。
→ BMキャピタルの過去組み入れ銘柄「上原成商事」を紹介!理論に基づくネットネット株投資とアクティビスト戦略の組み合わせ事例を解説。

 

2億〜3億保有している方が最も心配するのが資産を大きく失うことだと思います。

株式市場暴落局面で30%も資産が下落してしまったら資産を6000万円〜9000万円失うことになります。心臓に悪いどころの騒ぎではありませんよね。

 

またBMキャピタルは下落耐性が非常に強く、チャイナショック、2018年末暴落、コロナショック、2021年末からの調整相場を無傷で乗り切っています。

 BMキャピタルの下落耐性

面談で詳しいチャートを見せてもらうことができますが、イメージとしては世界最大のヘッジファンドブリッジウォーターと同様のチャートとなっています。

以下はブリッジウォーターのチャートです。

ブリッジウォーターのリターンチャート

 

暴落を回避して安定的に資産を増やしており、資金を失うわけにはいかない欧米の年金基金や保険会社から選好されています。

リタイアを考える上で資産をうしなうことなく資産を上昇させるというのは第一目標ではないでしょうか?

これが近年ヘッジファンドが世界中で大きく運用額を伸ばしている一番の要因です。

 

ブリッジウォーターは最低出資金額が1300億円と、とても一般投資家が手をだせるファンドではありません。

しかし、BMキャピタルは一般投資家にも門戸を開いています。

 

直近のコロナショックにおいても、一時的にGOLDを保有、また空売りポジションも一部取るというマルチストラテジーで市場平均をはるかに上回るリターンを残しています。

資産を守るだけでなく、守り育てるという観点にたつのであれば非常に魅力的な選択肢であるということができるでしょう。

 

ヘッジファンドはBMキャピタルに限らず、「攻撃は最大の防御」を実践していると筆者は感じています。

攻撃をしつつも、状況に応じて対応することで結果的に大損をすることも少なく、リターンを着実に積み上げていくのが特徴となっています。

 

BMキャピタルについては公式と詳しい詳細は以下ですので参考までに。

 

↗︎↗︎↗︎ 【BM CAPITAL】安定運用が評判のBMキャピタルの運用実績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドを紐解く。

 

また、BMキャピタルに限らず、「そもそもヘッジファンドとは?」という問いに対して答えた記事はこちらになります。

 

【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

欧米では主流であっても、日本ではまだまだヘッジファンドは黎明期であるため、基本情報についても中々認知が広まっていないと思います。

複数のヘッジファンドを検討した上で、比較もしていますので、今後資産形成を加速させたい方の参考になればと。

 

↗︎↗︎↗︎【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

50代〜60代の場合も同様の考えでポートフォリオを組んで良いのか?

筆者は30代ですが、以下のようなポートフォリオになっています。まだまだ若いことから、リスクをとってもそこまで問題がありません。

 

筆者のポートフォリオ:

  • 国内ヘッジファンド:70%(年利回り10%以上を目指す)
  • 米国インデックス投信:20%(年利回り6%を目指す)
  • 世界インデックス投信:10%(年利回り4%を目指す)

 

50代前半くらいまではある程度リスクをとっても良いとは思います。しかし50代中盤からは失敗できません。リスクは最小限度にしておくべきでしょう。

とはいえ・・・筆者は極度の臆病者で上記のポートフォリオは投資をしている人からするとかなりリスクが低く映ると思います。そして異常にシンプルです。(シンプルが投資では絶対に成功するとどの偉人も言っています)

 

例えば筆者が50代後半であれば、以下のようにポートフォリを設定すると思います。インデックス投資は、株価指数がリーマンショック級の暴落が来ることを恐れてある程度売ってしまうかもしれません。

 

  • 国内ヘッジファンド:50%(年利回り10%以上を目指す)
  • 現金:20%
  • 米国インデックス投信:20%(年利回り6%を目指す)
  • 世界インデックス投信:10%(年利回り4%を目指す)

 

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

まとめ

2億円~3億円あれば完全リタイアは可能です。しかし、バッファをとって最低でも2.3億円は欲しいところです。

生活費を切り詰めていくのであれば2億円でも問題ないでしょう。

 

しかし、2億円を超える資産はそのまま完全リタイアするには実に惜しい水準です。

さらなる資産の増加を目指し、取り組んでいくことも一考の価値があると筆者は思います。

 

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-1億円以上の資産運用

© 2022 アーリーリタイアを実現する資産運用ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5