1000万円から5000万円の資産運用

40歳で貯金2000万円超えたら労働なしで何年暮らせる?理想の資産額や次なるステップである5000万円に向けた運用方法を考察

貯金2000万円といえば、エリートサラリーマンが40歳くらいで辿り着く資産額というイメージが筆者にはあります。

うまく事業が軌道に乗っている経営者であれば30代でクリアしているでしょうし、遺産で2000万円程度を突然受け取る人も出てくるなど。

今回の記事では、「40歳」という年齢に特化して、貯金2000万円とはどのように考えていくべき資産なのか?運用をするとしたらどのような方法が考えられるのかを考察していきたいと思います。

 

 

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

40代の理想の貯金額はいくら?1000〜2000万円規模では少ない?

40代の貯金の中央値は?独身の場合

以下は金融広報中央委員会が調査した結果です。

40代資産中央値

「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和3年)」

 

中央値とはデータを小さい順に並べたデータのちょうど中央にあるデータのことです。一人だけでも凄まじい資産を持っている場合は平均値にすると跳ね上がってしまいますので、中央値が採用されることがあります。

40代の平均は1,294万円、中央値は440万円となっていますね。40歳と49歳とでは9年も異なりますので資産額は相当異なるとは思いますが、40歳で貯金2000万円あれば相当に優秀であると言える結果です。

貯金2000万円以上は、同世代間ではトップ15.2%になります。

 

既婚の場合(2人以上世帯の場合)

独身ではなく、既婚の場合の貯金額はどうなっているのでしょうか? 同じく金融広報中央委員会が調査した結果を見ていきます。

 

「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和3年)」

「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和3年)」

 

2人以上世帯は結婚費用、子供の育児、教育などがかかってきますが、それでも単身世帯より平均も中央値も高いですね。

平均値は1,235万円、中央値は531万円となっています。貯金2000万円は上位14.1%に入ってきます。

 

単身と2人以上世帯における貯金2000万円のインパクトがよくわかりますね。

かなり優秀です。しかし、結局理想はどれくらいあればいいのでしょうか?既にトップ層なので理想の数字には近いのかもしれませんね。

 

結局、40歳時点での理想の貯金額は?

バシッと数字があればもうそれに向かって努力するだけですので楽ですが、人によって人生にかかるコスト、考え方、趣味、人との繋がりなど、簡単に一般化できる話ではないので、これといった数字はないです。

どうしても目標の貯金額を確定したいという話であれば、2億円でいいのではないでしょうか。2億円あれば筆者は完全リタイアも可能ですし、働き続けてさらに資産を伸ばしてもいいです。

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)
金融資産2〜3億円あったら完全リタイアは可能か?50歳以降や60歳以降で発生する費用からFIREに必要な金額を算出!

一体どれくらいの資産があれば、私達は完全リタイアできるのでしょうか?ゴールを設定するのは非常に大切ですよね。 資産が2億円、3億円ある人からすれば完全リタイアは十分可能に見えますが、果たしてそれは正し ...

続きを見る

 

安泰と言えるには、最低2億です。それ以下は人によって違うので知りません。2億円です。

暴論に聞こえるかもしれないのですが、人間の生活はどんなコストがかかってくるかは十人十色ですし、保守的に暮らすよりもお金を使って様々な経験をした方が人生も楽しいので、お金はいくらあっても足りません。

 

また、お金を使って経験を増やす中で様々なコストがかかってきます。怪我や病気、家族、友達、後輩、事業立ち上げ、なんでもあります。

日本ではお金の話を表立ってするのは下品と責められますが、大半の人の本心が「お金はあればあるほどよい」です。

貯金2000万円程度で満足せず、もっと上を目指していきましょう。

 

 

2000万円でリタイアは可能なのか?

結論、不可能です。貧乏なリタイアは可能かもしれません。でもそれって人生楽しくないですよね。

きっと貧乏リタイアの生活は1、2年で飽きます。しかし、実際に2000万円あればどれくらい生き延びることができるかを知るのは大事です。自分が病気になったとしても「何もしなくてもこれくらい生きられるんだ」、という意識は馬鹿にできません。

 

貯金を崩しながら生活すると?

生活費は総務省が出している統計データがありますのでこれをもとに考えます。

地域別にみた2人以上の勤労者世帯の消費支出

 

上記は住居費などが現実離れしているので、できるだけ東京の2人以上世帯の実態に沿ったコストを考えると以下のようになると考えています。地方の場合は80%掛けくらいで良いと思います。

 

元数値 調整後数値
食料 85,000 100,000
住居 20,100 150,000
水道光熱 21,400 22,000
家具 14,200 14,000
被服費 11,400 20,000
保険医療 13,900 14,000
交通通信 48,200 50,000
教育 21,700 150,000
教養娯楽 29,600 30,000
その他 56,300 70,000
合計(月間) 321,800 620,000
合計(年間) 3,861,600 7,440,000

 

年間744万円が東京2人以上世帯はかかってきます。2000万円を崩しながら生活すると3年以下で貯金は底をつきます。

地方ですと、8掛けで595万円、やはり4年以下で貯金は底をつきます。独身でしたら東京で6年、地方で8年くらいは節約しながらならいけそうですね。

 

 

運用しながら生活すると?

個人投資家が実現可能な利回りは4%と言われています。この場合、2000万円を4%利回りで80万円、税後で64万円が手元に残ることになります。

年間744万円が東京2人以上世帯はかかってきますが、64万円で生活費を浮かせて年間生活費は680万円です。

運用だけでは生活ができませんので、元本の取り崩しはマストです。1年目は生活費を確保し、2000万円-744万円=1256万円。1256万円の4%リターンは税後40万円です。

 

運用をしながらでも4年以下で元本は消えてしまいますね。地方の場合でも、独身の場合でも上記の取り崩した場合の年数と大方変化はありません。

リタイアするには早すぎます。1年の2/3は働くなどのセミリタイアなら可能かもしれませんが、地味な生活をずっとしていくのだと肝に銘じる必要があります。

筆者は単純に、労働は続けて、資産運用をして元本の圧倒的成長を目指せば良いと考えます。「お金はあればあるほどよい」のです。

 

 

結局運用が必要、次なるステップである5000万円を目指そう

上記の理想などはなく、お金はあればあるほどよい、2億円で完全リタイアを目指すと極端なことを書きました。

実際にお金はそんなに急激に増えませんので、段階を追って資産を大きくしていくことに注力していきましょう。

 

基本的に投資先は筆者は「株式」を選択すべきだと考えています。その理由は、既に歴史が株式の優位性を教えてくれているからです。

株式のトータルリターン

現金の弱さが際立っています。上記はジェレミー・シーゲル氏の研究結果であり、株式が最も資産を増やすには適した資産であることを教えてくれています。

ジェレミー・シーゲル氏とは、「株式投資の未来」という名著を世に出しておりあまりにも有名な投資の権威です。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

 

上記の本は投資家であれば読んだことはいないと言えるくらいの名著です。これから投資を始める人もぜひ読んだ方が良いでしょう。本人の経歴もやはり一流です。金融関係者は素直にエリートの言うことを聞く方が事故に遭いません。

ジェレミー・シーゲル氏のプロフィール

ジェレミー・シーゲル ペンシルベニア大学ウォートン・スクール教授(金融学)。コロンビア大学卒業、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学博士取得。金融市場に詳しく、CNN、CNBCなどでコメンテーターとしてたびたび登場。ウォール・ストリート・ジャーナル、バロンズ、フィナンシャル・タイムズ(FT)のコラムニスト。JPモルガンでの教育研修トレーニングを担当。著書に、株式長期投資の名著として全米でロングセラーを続ける『Stocks for the Long Run』(第3版弊社近刊)。

 

さて、株式に投資せよといっても、これは株式トレーダーになれということではありません。

株で成功しろ、とは、あのMLBでも活躍した「イチローになれ」と言っているようなものです。普通に無理です。

株式相場で大成功した人達は、イチローと同じように才能と果てしない努力を積み重ねた人達なのです。

 

では我々は株式に投資できないのか?といえばそうではないです。

株式相場の最前線で活躍している、投資界のイチロー、と言える実力者に運用して貰えば良いのです。ここがスポーツとは全く違うところですよね。

人の才能に乗ることができるのです。

 

株式相場におけるプロはどこにいるのか?

まず頭に浮かぶのが投資信託です。

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがあります。インデックスファンドは株式相場の株価指数に連動するパフォーマンスを目指していくことになります。

つまりは株式市場が成長するのかどうか(その国が経済成長するのかどうか)にBETすることになります。

 

アクティブファンドは、上記の株価指数をアウトパフォームすることを目指して運用します。

つまり、こちらは「投資のプロ」を自負する人たちが運用していることになります。

しかし、成績はお世辞にも素晴らしいとは言えるようなものではありません。

 

以下の記事でも詳しく述べていますが、アクティブファンドは高い手数料を個人投資家から徴収し人員、リサーチ費用など多大なコストをかけているにも関わらず、インデックスにパフォーマンスは負けています。

アクティブ投信とパッシブ投信
アクティブ型とパッシブ型(=インデックス型)の投資信託の違いとは?どちらのファンドがおすすめか徹底比較。現実を知っていれば大損地獄も回避可能

投資初心者の方であれば殆どの方が投資信託を検討されたことがあるのではないでしょうか? 自分で銘柄を選択せずにプロが運用してくれるので安心感がありますからね。   しかし、一言に投資信託といっ ...

続きを見る

 

分類 5年累積リターン平均 ファンド数
全ファンド(パッシブ) 22.60% 450
全ファンド(アクティブ) 9.70% 3029
国内株式 (パッシブ) 40.0% 131
国内株式(アクティブ) 30.9% 526
先進国株式(パッシブ) 37.0% 63
先進国株式(アクティブ) 12.0% 415
新興国株式(パッシブ) 15.2% 22
新興国株式(アクティブ) 12.8% 220
グローバル株式(パッシブ) 32.6% 2
グローバル株式(アクティブ) 8.2% 34

 

筆者も最初はアクティブファンドで運用していたものですが、筆者の目利きが悪いといえばそこまでなのですが暴落にもしっかり付き合わなければならず、筆者の資産は増えないまま何年も経過してしまいます。

そして、投資先を国内のヘッジファンドに移行しました。こちらは下落耐性も強く、堅実なリターンを獲得していますので、資産増加が一気に飛躍したものです。

 

ヘッジファンドについては詳しくは以下の記事を確認してほしいですが、簡単にいえば公募ではない私募ファンドです。それ故に運用の自由度の高さが特徴となっています。

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

投資信託と異なり、ファンドマネジャーの才覚次第で運用リターンが決まり、当然手数料も高くなりますが、世界中でヘッジファンドへの投資は増加しており、その運用実績の堅実さが評価されていることがわかります。

世界でヘッジファンド投資は拡大の一途を辿っている。リーマンショック時にはマーケットの暴落と解約増加の動きなどから運用残高が急減する場面も見られたが、その後は一貫して拡大基調を辿り、2021年6月末時点のヘッジファンドの運用残高は3兆9600億ドルまで拡大し、過去最高を更新した(米ヘッジファンド・リサーチ調べ)。

「ヘッジファンド」で相場急変に備える投資家が増加

 

世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーターも、2022年の株式相場が暴落する中、リターンは30%を超えています。世界中の機関投資家、富裕層が好んでヘッジファンドを運用先に選択する理由がよくわかりますね。

 

[ニューヨーク 5日 ロイター] - レイ・ダリオ氏率いるヘッジファンド運営会社、ブリッジウォーター・アソシエーツの旗艦ファンド「ピュア・アルファ」は、今年上期のリターンがプラス32.2%だった。関係者が明らかにした。

ブリッジウォーターの旗艦ファンド、上期運用成績は32%

 

筆者もブリッジウォーターに資金を預けたかったのですが、同社は既に機関投資家以外からの出資は受け付けておりません。ただし、このブリッジウォーターと同様の哲学を持った国内老舗ヘッジファンド、BMキャピタルに筆者は資金を預けています。

年率10%程度の運用利回りに、コロナショック、チャイナショックなどここ10年の下落局面で確実に指数をオーバーパフォームする運用を実践しており、追加出資も順次行っていく予定です。

BMキャピタルの概要は以下の通りです。

 

BMキャピタル

メモ

  • 損失を出さない」という哲学を実践。
  • 中小型株を中心としたバリュー株投資を実行。
  • 年度ベースで一度もマイナスにすることなく安定したパフォーマンスを継続。
  • リーマンショック、チャイナショック、コロナショックを回避し下落耐性の強さを証明。
  • ファンドマネジャーの経歴:東京大学卒→バークレイズ証券勤務→ヘッジファンド創設。
  • ファンドのメンバーは東大・京大卒(財務省、投資銀行、総合商社出身)

 

基本的にはタイムリーな情報をファンド担当者に直接聞くことをお勧めします。

【BM CAPITAL】安定運用が評判のBMキャピタルの運用実績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドの実態は?
【BMキャピタル】日本最大のヘッジファンド「BM CAPITAL」の評判や口コミを紐解く!運用実績・利回り・投資手法の実態とは?

筆者は資産を飛躍的に伸ばすべく、ヘッジファンドとインデックスファンドに重点的に投資を行っています。   今回の記事では、筆者のポートフォリオの核となっている、BMキャピタル(安定して10%程 ...

続きを見る

 

 

まとめ

40歳時点での貯金2000万円について論じてきました。基本的には、堅実に労働を続けつつ運用を継続していけば良いかと思います。

まだまだこれからですね。

 

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-1000万円から5000万円の資産運用

© 2022 アーリーリタイアを実現する資産運用ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5