成績が良いと評判の「キャピタル世界株式ファンド」を徹底評価!限定為替ヘッジや分配重視型等のバージョンの違いも紐解く。

投資信託

成績が良いと評判の「キャピタル世界株式ファンド」を徹底評価!限定為替ヘッジや分配重視型等のバージョンの違いも紐解く。

キャピタル世界株式ファンドは新興国を含む世界全体に投資をしてアクティブリターンを狙う投資信託です。

米国の運用会社であるCapital Groupによって運用がなされています。

 

アクティブ投信ということなので世界の株式市場に対してプラスのリターンが求められます。

今回はそもそもキャピタル世界株式ファンドはどのような投資信託なのかという点を紐解いた上で、キャピタル世界株式ファンドに投資妙味があるのかという点についてお伝えしていきたいと思います。

 

関連記事:

投資信託銘柄考察シリーズ

【2022年】個人投資家がアクセス可能な日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング。個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

キャピタル世界株式ファンドの特徴とは?

キャピタル世界株式ファンドの特徴について見ていきます。

運用を担うのはキャピタルグループ

キャピタルグループは世界恐慌真っ只中の1931年にロサンゼルスで創業された資産運用会社です。

運用資産額は世界第7位となっています。

世界の運用会社の運用規模

 

ゴールドマンサックスより運用規模が大きいのは驚きですね。

日本ではあまりメジャーではないですが世界ではメジャーということですね。

 

キャピタルシステムを適用したニューパースペクティブ運用戦略

運用はニューパースペクティブ運用となっています。

1973年に開始した主に全世界の株式に投資する運用戦略で詳細については明かされていません。

 

ただ、キャピタルシステムで運用していると販売資料には記載されています。

キャピタルシステムは複数のポートフォリオ・マネジャーが連携して1つのファンドを運用するキャピタルグループ独自の運用システムです。

各ポートフォリオ・マネジャーは各自がそれぞれ担当する配分に責任を持って運用します。図解すると以下の通りです。

キャピタルシステム

 

  • 単独のファンドマネージャーによって運用されていないので1人のマネージャーの交代による影響を軽減
  • 単独ではなく様々なアイデアを活用することができる
  • 各マネージャーは配分された担当部分に責任をもつので合議制による妥協の産物にならない

 

特に最後は重要ですね。皆で相談した結果の妥協の産物の投資判断を行ってしまっては失敗します。

各ファンドマネージャーが責任を持てるシステムということができるでしょう。

 

主な投資対象はマルチナショナル企業

主な投資対象はマルチナショナル企業としています。マルチナショナル企業の定義は以下となります。

 

マルチナショナル企業は、グローバルにビジネス基盤を確立し、通貨や国際的な法規制、会計や物流、文化・言語などの違いに 優れた適応力を有しています。

参照:販売資料

 

マルチナショナル戦略は時代とともに変遷しています。その時代に即して魅力的な銘柄を選定して投資を行ってきています。

 

マルチナショナル戦略の変遷

 

組入上位銘柄とは?

2022年2月末時点のキャピタル世界株式ファンドの上位組入銘柄は以下となります。

2020年から急上昇したテスラ を現在でもトップに入れています。

2位がマイクロソグロ、3位が半導体製造業のTSMC、4位が最近Facebookから名前を変えたメタ、5位がグーグルのアルファベットとハイテク銘柄が軒を連ねています。これは2022年のポートフォリオとしては疑問視されます。(後述)

キャピタル世界株式ファンドの上位構成銘柄

 

国別の構成銘柄としては以下の通りとなっています。全世界株式と同様の構成になっています。

世界の株式市場は半分以上が米国株式なのです。日本の存在感は残念ながら低下し続けています。

 

キャピタル世界株式ファンドの国別構成比率

 

 

4つのキャピタル株式ファンド(通常盤、限定為替ヘッジ、分配重視、分配重視/限定為替ヘッジ)

キャピタル世界株式ファンドは以下の4つのバージョンが存在します。

 

限定為替ヘッジなし 限定為替ヘッジあり
決算年1回 通常盤 キャピタル世界株式ファンド
(限定為替ヘッジ)
決算年2回 キャピタル世界株式ファンド
年2回決算(分配重視)
キャピタル世界株式ファンド
年2回決算(分配重視/限定為替ヘッジ)

 

決算を年2回行う場合は分配金を重視するバージョンです。分配金は決算時の基準価額に対して 2.5%を上限に設定しています。

また限定為替ヘッジは主要国通貨のみ通貨ヘッジを行うというものです。

 

筆者としては通貨分散の観点からもあえて通貨ヘッジを行う必要は少ないと感じています。

更に分配金を出すと税金を支払うことになります。すると再投資するときの元本が毀損されてしまいます。

 

つまり長期的な資産形成を行うという観点では通常盤のキャピタル世界株式ファンドが最も合理的な選択肢となります。

以下の議論では通常盤を元にすすめていきたいと思います。

 

 

キャピタル世界株式ファンドの運用実績・成績とは?

肝心なのは成績です。キャピタル世界株式ファンドの運用手法を1978年から適用した場合、インデックスの8倍のリターンと喧伝しています。

仮想的なキャピタル世界株式ファンドのリターン

 

ただ、疑問な点があります。ニューパースペクティブ運用を仮想的に1973年から適用するなんて可能なのでしょうか?

正直、都合のよいように銘柄を組み替えて作り上げている蜃気楼にしか思えません。重要なのは実績です。

 

以下はキャピタル世界株式ファンドが運用を開始した2013年末からのキャピタル世界株式ファンドと全世界の株式市場の平均を表すeMAXIS全世界インデックスの比較です。

青:キャピタル全世界株式ファンド
赤:eMAXIS全世界株式インデックス

eMAXIS全世界株式インデックスとキャピタル世界株式ファンドのリターンの比較

 

結局、殆ど同じ動きとなってしまっています。リターンも結局同じとなっています。

2020年後半から全世界株を超えているのは一時的に手すらが急騰したことに起因しています。

しかし、2021年末からのグロース企業にとって厳しい環境が継続したこと大きく下落しています。

 

 

キャピタル世界株式ファンドの今後の見通し

重要なのは今後の見通しです。では今の構成銘柄をもう一度振り返りましょう。

キャピタル世界株式ファンドの上位構成銘柄

 

上位が殆ど、ハイテク系のグロース企業で占められています。

これらの銘柄は金融政策が引き締め方向にはしっており、金利が上昇する局面では株価が下落する傾向があります。

 

この辺は説明すると複雑なのですが、将来伸びていく利益の現在時点に換算した価値が金利の上昇で下落するためです。

2022年のこれから金融政策が行われるという局面で上位がハイテクグロースで占められているのは危険であるといえるでしょう。

既に大きく下落を始めていますが....

 

関連記事:

【2022年】個人投資家がアクセス可能な日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング。個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

まとめ

キャピタル世界株式ファンドは全世界の株式に投資を行うキャピタルグループが運用するアクティブファンドです。

4種類のバージョンがありますが、配当金が少なく為替ヘッジも行わない通常バージョンを長期投資としては推奨します。

 

ただ、結局リターンは全世界の平均と変わらない水準で、今後の見通しも明るいとはいえません。

長期的に堅実にかつ安全に資産を形成していきたいという方は以下で筆者が投資しているファンドを含めてランキング形式で紹介していますのでご覧ください。

 

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5