投資信託

【コモンズ投信】評判のコモンズ30ファンドは魅力的なの?利回りを「ひふみプラス」と比較しながら魅力があるのか徹底評価!

コモンズ投信は「ひふみ投信」「さわかみ投信」「鎌倉投信」などと同じ独立系の投資信託です。

独立系の投資信託は販売から運用まで一括で行う投資信託です。

 

 

本日はコモンズ投信の旗艦ファンドであるコモンズ30ファンドについて紐解いていきたいと思います。

 

投資信託銘柄考察シリーズ

 

そもそもコモンズ投信とは?

コモンズ投信は2007年に長期投資に共感した人たちがより集まれる場所として設立されました。

名前の由来は共有地を意味する「コモン・グラウンド」です。共同創設者は現在会長の渋澤氏と代表取締役社長で最高運用責任者の伊井氏です。

 

コモンズ投信の渋沢氏

国際関係の財団法人から米国でMBAを得て金融業界へ転身。外資系金融機関で日本国債や為替オプションのディーリング、株式デリバティブのセールズ業務に携わり、米大手ヘッジファンドの日本代表を務める。2001年に独立。2007年にコモンズ(株)を設立し、2008年にコモンズ投信会長に着任。

参照:コモンズ投信メンバー(渋澤氏)

 

 

伊井哲郎氏

山一證券で営業企画部に約10年間在籍し、マーケティングなど担当。その後、機関投資家向け債券営業。メリルリンチ日本証券、三菱UFJメリルリンチPB証券で法人・個人向け営業を約10年。コモンズ投信創業と共に現職。2012年7月からCIO兼務。

参照:コモンズ投信メンバー(伊井氏)

 

錚々たる経歴なのは分かるのですが、株式投資の経験がないのが懸念ですね。

 

コモンズ投信が運用するコモンズ30ファンドとは?

ではコモンズ投信が運用するコモンズ30ファンドについて詳しく見ていきましょう。

キーワードは「30年」「30社」

コモンズ30ファンドは「投資を通じて生活者と優良な企業をつなげることで、次の時代をつくる」というコンセプトで立ち上げられたファンドです。

コモンズ30ファンドの特徴は以下となっています。

 

  • 1.投資の目線は30年とします。
  • 2.投資対象は、原則として30銘柄程度とします。
  • 3.企業との対話を重視します。
  • 4.生活者(個人投資家)の参加する場を数多く提供します。
  • 5.直接販売を主とします。
  • 6.信託報酬の一部を社会貢献に活用します。

参照:コモンズ30ファンド

 

コモンズ30ファンドは超長期の30年間という目線での運用するとしています。

また通常の投信は50銘柄以上に投資します。しかし、コモンズ30ファンドの対象は30銘柄と比較集中投資をするファンドとなっています

以前投資した20銘柄に集中投資している厳選投資と似ていますね。

→ 【厳選投資】長期で高い成績が評判の投資信託「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」を証券アナリストが徹底評価!

 

コモンズ30ファンドの構成上位銘柄

コモンズ30ファンドの2021年6月末時点(参照:月次報告書)の構成上位10銘柄の合計は36.6%となります。顔ぶれは以下となっています。

構成上位銘柄だからといって偏っているわけではなく、比較的に均等にポーションとして持っているとみることができますね。(2022年2月末時点)

 

構成銘柄 組入比率
KADOKAWA 4.4%
丸紅 4.0%
三菱商事 3.9%
東京エレクトロン 3.9%
SMC 3.8%
味の素 3.7%
ディスコ 3.7%
デンソー 3.6%
信越化学 3.6%
ホンダ 3.5%

 

手数料は比較的安い

コモンズ30ファンドはアクティブ型の投資信託です。

購入手数料はゼロとなっていますが信託手数料は年率1.078%となっています。

ひふみ投信やセゾン投信と同水準で比較的低い手数料率として設定されています。

 

コモンズ30ファンドの成績とは?

コモンズ30ファンドの成績について見ていきましょう。

コモンズ30ファンドの成績は凡庸な結果

コモンズ30ファンドの基準価格は運用開始した2009年1月19日時点から約4倍になっています。

コモンズ30の基準価格の推移

 

一見すると素晴らしい成績ですが、日経平均とほぼほぼ同じ動きをしています。

青:コモンズ30ファンド
赤:日経平均株価

コモンズ30ファンドと日経平均株価

 

他の独立系投信に対して劣後

他の独立系投信との比較を行っていきましょう。以下は代表的な独立系投信との比較です。

青:コモンズ投信
赤:ひふみ投信
緑:セゾン投信
黄:結い2101
紫:さわかみ投信

過去10年の比較チャート(青:コモンズ投信 赤:ひふみ投信 緑:セゾン投信 黄:結い2101 紫:さわかみ投信)

 

「ひふみ投信」や「セゾン投信」に対して劣後していることがわかりますね。

ただ、過去3年でみると殆ど同じ成績になっています。動き方も似通っていますね。

 

青:コモンズ投信
赤:ひふみ投信
緑:セゾン投信
黄:結い2101
紫:さわかみ投信

過去3年の比較チャート(青:コモンズ投信 赤:ひふみ投信 緑:セゾン投信 黄:結い2101 紫:さわかみ投信)

 

過去優れたパフォーマンスを残した独立系投信も運用資産額が大きくなると次第に日経平均と同様になる傾向があるのです。

以下、ジェイリバイブや眼力でも同じ傾向が見て取れます。

 

 

いずれも同じような値動きをしており、正直日経平均連動のファンドに投資していてるのと何も変わりませんよね。

筆者が投資しているBMキャピタルというファンドは市場平均に連動することなく、

一度も今まで下落することなく安定して10%以上のリターンをだしています。

以下で詳しくお伝えしていますので参考にして頂ければと思います。

 

【BM CAPITAL】安定運用が評判のBMキャピタルの運用実績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドの実態は?

 

まとめ

コモンズ30ファンドは長期投資目線で運用していますが、残念ながら投資リターンは日経平均と殆ど同じ内容となっています。

また、他のアクティブ型の投資信託と比べても劣後する成績となっています。

以下では今2020年時点で今後長期的な資産形成が期待できるファンドについてランキング形式でまとめていますので参考にしていただければと思います。

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5