(考察シリーズ)世界株式絶対収益追求ファンド:マクロ・トータル・リターン・ファンドを評価。JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドへ投資をするファンズ・オブ・ファンズを評価。JPMの会社評判と乖離する運用成績?

投資信託

世界株式絶対収益追求ファンド:マクロ・トータル・リターン・ファンドを評価。JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドへ投資をするファンズ・オブ・ファンズを評価。JPMの会社評判と乖離する運用成績?

投資信託を色々と調べるのは本当に面白いですね。人気の投信などを調べていると、ファンドが考える未来と、それをどう個人投資家が捉えているかどうかが浮き彫りになります。

当然、最も大事なのはリターンなのですが、やはりAI、ロボティクス、フィンテックなどは投資をしていて面白いわけです。火傷する可能性の方が今は高いのですが・・・。

 

テーマ株に特化したファンドを選ぶのは難しいですし、何よりも金融引き締めの際には大損を被るという点が資産形成において非常に厄介です。

ここで思い出すべきなのは、本当の資産運用はとてもつまらない、ということです。

つまらないですが、損を出さずにコンスタントなリターンを出す、ということが理想です。

 

つまり、コンスタントに利益を出すファンドさえ見つけてしまえば、本業などに集中すべきなのですよね、株式相場を専業で張ろう!と考えている人以外は。

 

蛇足が長くなりましたが、今回はまた投資信託について調べてみたいと思います。

取り上げるのは、「マクロ・トータル・リターン・ファンド」です。

 

➡︎ 投資信託銘柄考察シリーズ

 

マクロ・トータル・リターン・ファンドとは?

グローバルなマクロ環境に関する複数のテーマを選定し、当該テーマに沿った投資戦略を組み合わせて運用を行い、絶対収益の追求をめざすファンドとされています。運用は三菱UFJ国際投信株式会社です。

 

「グローバル」という言葉がこの3年、本当に流行っていますね。以前からも使われている言葉ですが最近は特に異常です。

例えば

 

など、グローバルだらけですね。世界の株式に目を向けてみようというメッセージでもあるかもしれませんね。

常にテーマ株が流行する中で、グローバルを見渡すとトレンドが多数あり、それを追いかけるファンドが増えているということだと思います。

 

ただし、テーマ株はテーマ株。トレンドはトレンドです。

 

 

世界各国の株式と債券に投資

目論見書を一部抜粋します。

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:国内
  • 投資対象資産(収益の源泉):資産複合
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象地域:グローバル(日本を含む)
  • 投資形態:ファンド・オブ・ファンズ
  • 為替ヘッジ:あり(部分ヘッジ)
  • 特殊型:絶対収益追加型

 

ファンドの目的

日本を含む世界各国の株式、債券およびデリバティブ取引等の幅広い資産を実質的な主要投資対象とし、特定の市場に左右されることなく収益の獲得をめざします。

 

グローバルなマクロ環境に関する複数のテーマを選定し、投資戦略を組み合わせ運用し絶対収益の追求を目指すということで、完全にヘッジファンドですね。

世界中を見渡してリターンを狙うと。特定の市場に絞らずに投資をするということですね。

 

 

JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドに実質的いん投資を行なっている

ファンドの仕組みは以下の通りとなっています。

 

ファンドの仕組み

 

ファンドオブファンズですので、ファンドマネジャーの手腕というよりも、マクロトータルリターンファンドが選んだ投資信託(つまりJPモルガンと三菱国際投信)のファンドマネジャーの手腕が問われるということですね。

JPモルガンは米国有名証券会社ですね。

 

◆ J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、世界有数の金融サービス会社であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー傘下の資産運用部門です。長い歴史における数々の企業再編を経て、豊富な知識、経験、資源をグローバルに共有し、競争力のある情報と投資ノウハウを世界中のお客さまにご提供する実績豊富な資産運用グループです。

 

テクノロジー銘柄に多く投資するポートフォリオ

ポートフォリオをみていきましょう。

ほとんどの運用をJPモルガンアセットマネジメントに運用を任せています。

資産構成 比率
JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンド(Iクラス)(円建て、円ヘッジ) 99.20%
マネー・マーケット・マザーファンド 0%
コールローン他(負債控除後) 0.80%
合計 100%

 

JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドの最新のポートフォリオ分配は以下の通りになっています。

「JPモルガン・インベストメント・ファンズ-グローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドの運用状況

 

 

これ以上はJPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドに投資していないと中身は見えませんが、株式68%、テクノロジー24%と世界中のテーマを追いかけていることがわかります。

 

特に、北米は当然ボリュームが大きくなりますが、次に日本を除くアジアに積極的に投資をしており(大半が中国と想像)、バランスの取れた構成になっているように感じます。

 

 

マクロ・トータル・リターン・ファンドの運用実績

まずは基準価額をチェックしましょう。2022年3月31日現在です。

純資産も右肩下がり、基準価額も2018年以降苦しい時期が続いています。

基準価額チャート

 

トータルリターンは以下の通りです。設定来14.13%と相当に厳しい成績です。ここ1年もマイナス運用です。これでは資産は増えません。

 

1年 3年(年率) 5年(年率)
トータルリターン -3.98% 3.26% 4.66%
カテゴリー -0.86% 1.45% 1.11%
+/- カテゴリー -3.12% 1.81% 3.55%
ファンド数 79本 64本 52本
標準偏差 6.57 5.67 6.41
カテゴリー 7.42 8.34 8.13
+/- カテゴリー -0.85 -2.67 -1.72
ファンド数 79本 64本 52本
シャープレシオ -0.61 0.58 0.73
カテゴリー -0.06 0.1 0.05
+/- カテゴリー -0.55 0.48 0.68
ファンド数 79本 64本 52本

 

コロナショックの影響がそこまで見受けられないのはもうダウンサイドが埋まってしまってたということなんでしょうか。金融緩和があり米国株は上昇しましたが、マクロ・トータル・リターン・ファンドは2018年初頭の水準には戻っていないですね。

大きなリターンもないものですから、損は出さずに堅くプラスを積み上げていくファンドなのかというと、年間収益率の推移を見るとそうでもありませんでした。

 

1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2021年 2.43% 1.52% -0.27% 0.22% 3.94%
2020年 2.37% 0.17% 1.69% 5.75% 10.28%
2019年 0.68% 2.31% -0.44% -1.78% 0.73%
2018年 1.45% -3.00% -3.39% 0.68% -4.29%
2017年 -1.46% 4.42% 7.19% 4.14% 14.86%

 

2016年(ここにはありませんが記憶しています)、2018年にマイナス運用、2017年は14.86%と良い結果ですが、私個人としてはそこまでのボラティリティをファンドに求めたくありません。

2019年は2018年のチャイナショックのリバウンドがあった年ですがそこでも辛うじてプラスに終わる成績と、厳しいです。

 

 

投資妙味はあるのか?

正直、6年間のうちマイナスリターンが2回、プラスリターン4回(うち一年微益)となってくると、資産運用にはこの堅実ではない運用は障害になります。

上記でも確認した通り、同じカテゴリーの投信の中でも良い成績ではないので、まずこのファンドを購入することはありません。

 

➡︎ 投資信託銘柄考察シリーズ

 

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5