みのりの投信の基準価格

投資信託

運用成績がひどいと評判の「みのりの投信」とは?解約が続出している投資信託の実態を徹底評価!

日本には独立系投資信託が数多く存在しています。

当ブログでも「ひふみ投信」や「セゾン投信」をはじめとして有名どころの独立系投資信託については取り上げました。

 

しかし、日本にもメジャーなものだけでなく様々な独立系の投資信託が存在しています。

本日はその中の一つである株式会社ポートフォリオアが運用する「みのりの投信」についてお伝えしていきたいと思います。

 

➡︎ 投資信託銘柄考察シリーズ

 

みのりの投信とは?

ではまず「みのりの投信」がどのようなファンドなのかを紐解いていきましょう。

ファンドマネージャーは立田博司氏

投資信託において最も重要なのは誰が運用しているかということです。

「みのりの投信」は創業者の立田博司氏がファンドマネージャーとして運用を行なっています。

みのりの投信のファンドマネージャーは立田博司氏

2001年に米経済誌『Forbes』における「20 of the world’s Best Fund Managers」のひとりに選ばれ、2007年には米投信情報サービス会社Lipperから日本中小型株部門で10年間のBest Fundを受賞するなど、国内外の債券・株式運用に長年携わった経験が国際的に高く評価されている。

参照:みのりの投信

 

債券と株式の運用に20年以上の経験があるということが分かりますね。経歴としては申し分なさそうです。

元々、ブラックロックジャパンで「ブラックロック日本小型株オープン」の運用経験があります。

 

また、更に平成20年10月から平成21年9月のわずかな期間ですが、ひふみ投信に在籍した経歴も持っています。

ひふみ投信を卒業した1年後に「みのりの投信」を立ち上げています。

経歴から考えると日本株の小型株投資の経験が豊富とみることができますね。

みのりの投信の特徴

みのりの投信が対象とするのは日本の小型株ファンドです。

時価総額の大きい銘柄だけではなく皆さんが聞いたことある銘柄だけではなく小型株もふんだんに取り入れています。

 

また相場が不透明感を増している時は先物の売建などを用いてヘッジする戦略をとる方針としています。

以下は最新の2022年2末時点でのポートフォリオです。

みのりの投信のポートフォリオ

 

日本株を81.3%保有していますが、その内の10.1%を先物で売り建ててヘッジしています。

実質的にポートフォリオの約70%しか相場を張っていないということになります。

みのりの投信の構成銘柄

みのりの投信の構成上位銘柄は以下の通りとなります。

銘柄 組入比率
パルグループ 5.7%
IDOM 5.3%
アダストリア 5.2%
スタジオアリス 4.5%
フジシールインターナショナル 4.4%
スルガ銀行 4.2%
アネスト岩田 4.2%
クミアイ化学工業 3.9%
ツムラ 3.8%

 

投資している銘柄を俯瞰すると成長企業が並んでいるわけではありません。

構成1位のパルグループや、スルガ銀行のように苦境に陥っている銘柄を狙い撃ちにしているものも多く含まれています。

非常に高い手数料水準

みのりの投信の手数料水準は非常に高いものとなっています。

購入手数料:4.4%(税込)
信託手数料:年率1.925%(税込)

アクティブ型の投資信託の中でも非常に高水準の手数料体系ということがいえそうですね。

手数料が高かったとしても成績が高ければ問題ないので、重要な成績についてこれから紐解いていきましょう。

みのりの投信は直販だけではない

「みのりの投信」は直販型の独立系投資信託ですが、通常の証券会社でも購入することができます。

以下の証券会社で取り扱いされています。

取り扱い証券会社
楽天証券
SBI証券
北國銀行
いちよし証券

 

「みのりの投信」の運用成績は?

では重要な「みのりの投信」の運用成績について紐解いていきましょう。

直近3年間不調に喘いでいる

以下は「みのりの投信」の基準価格の推移です。

みのりの投信の基準価格

運用開始した2013年から2017年まではアベノミクスの影響もあり基準価格は約2倍となりました。

しかし、その後現在まで基準価格を40%落として推移しています。

今回のコロナショックでも35%ほど暴落しており市場平均よりも停滞打撃を被っています。

日経平均やTOPIXの成績にも劣後

「みのりの投信」は日本株の投資信託ですので、TOPIXと日経平均との比較が重要となってきます。

青:みのりの投信
赤:日経平均
緑:TOPIX

日経平均やTOPIXに対して劣後する「みのりの投信」

「みのりの投信」は両者ともに劣後した成績となってしまっています。

また更に過去5年でみると悲惨な結果になっています。

日経平均が+50%、TOPIXで+30%のなか、「みのりの投信」は▲15%以上の損失となってしまっているのです。

過去3年のみのりの投信のひどい運用成績

他の独立系投資信託と比較

それでは他の日本株に投資している独立系の投資信託とも比較していきましょう。

青:みのりの投信
赤:ひふみ投信

緑:さわかみ投信
黄:鎌倉投信
紫:コモンズ30

他の独立系投資信託に比べてもひどい成績となっている「みのりの投信」

 

数ある独立系投資信託の中でもパフォーマンスは下位にになっています。正直、運用成績は物足りないと断じざるを得ないでしょう。

当ブログでは以下独立系投資信託についてまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

 

【2022年】個人投資家がアクセス可能な日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング。個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

まとめ

「みのりの投信:はどちらかというとマイナーな独立系投資信託です。

2013年から運用していますが7年間運用を行い30%しか資産が増えていないというのは投資家が期待するリターンを満たしているとは到底いえない水準となっているでしょう。

 

他にも日本には投資信託という形態にこだわらず、一流のファンドマネージャーが運用するヘッジファンドという特別な選択肢もあります。

今回紹介した独立系投資信託を更に超える選択肢について、証券アナリストの筆者の目線から紹介しているので以下参考にしていただければと思います。

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5