(おおぶね)農林中金<パートナーズ>長期厳選投資ファンドの評判と運用実績(利回り)、見通しについて

投資信託

【愛称:おおぶね】今後の見通しはやばい?評判の投資信託「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資ファンド」を口コミを含めて徹底評価!

2022年3月19日

これまでも複数の投資信託を考察した記事を書いてきました。

引き続き需要があるようなので別の投資信託を取り上げてみたいと思います。

 

今回は「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね」の今後の見通しについて、過去の運用実績から考察していきたいと思います。

 

関連記事:

投資信託銘柄考察シリーズ

【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねとはどのような投資信託か?

おおぶね」は米国株に投資を行う投信です。ファンダメンタル分析を主体とした長期投資になります。

運用は農林中金全共連アセットマネジメント株式会社が務めます。運用合計資産総額は4.7兆円となっています。

非常に大規模ですね。

 

農林中央金庫の関連会社となります。

農林中央金庫と家ば、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割を持つ金融機関としてあまりにも有名ですね。

ウィキペディアには国内最大規模のヘッジファンドと書いてありました。国が運営する法人ではなく民間の金融機関です。

しかし、所轄は農林水産省という少し歪みが生じています。

 

あまりここを深掘りしてもしょうがないのですが、農林中金長期厳選投資おおぶねは、

農林中央金庫のアセマネ部門が運用していると考えればそれだけで良いです。

ただし、このアセマネ部門(農林中金全共連アセットマネジメント株式会社)に投資助言をしているのでは農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)です。

 

・農林中金バリューインベストメンツ株式会社(以下、NVIC)は、農林中央金庫の子会社として、 国内外の株式にかかる投資助言業務を行っております。

・運用メンバーは、日本において2007年から株式長期厳選投資を開始した当投資分野における フロントランナーの1社です。

・現在では、これまでに培った株式長期厳選投資ノウハウを最大限活用し、日系投資助言会社ながら 米国現地企業への訪問を地道に繰り返しながら(年6回程度の米国現地訪問)、投資先候補 企業を厳選することで、米国企業を対象とした株式長期厳選投資にかかる投資助言を行って います。

 

あまりメンバーのことは詳しく書いてありませんが、米国出張をして投資先を探してくるそうです。

繰り返しになりますが、米国株に長期投資するファンドです。

 

掲示板やネットでの「おおぶね」の口コミや評判

正直投資においてはSNSの評判はほとんど流して良いものだと思います。

一応、いくつか見つけましたが、参考情報として。

 

Twitter①

おおぶねJAPANがTOPIXに劣後してる理由、「クオリティが高い(割高?)企業に投資しているから金利が不安定な時は売られやすい」という説明でした。
劣後してるのはここ最近の話じゃないと思うんだけど…

— 杏花荘🐌カタツムリ投資 (@Kyokasou) February 28, 2022

 

Twitter①

おおぶねマンスリーレポート
「せっかくなので、倹約家として有名なバフェットの家にも寄って来ました。こちらもごくごく普通の家でしたが、我々は明らかに不審者でし
たので、犬に吠えられてしまいました。」
は草ァwww https://t.co/IWzWdXsMbX pic.twitter.com/OKPRv2TH4L

— ab(エビ🦐🍤)さん つみたて♡にーちゅ (@ab_c_san) May 19, 2021

 

Twitter①

おおぶね、解約してインデックスに乗り換えましたが、今のところはそれで良かったと思います。
おおぶねのオススメ記事をnoteに書いといてアレですけど・・・ww

— 熟成投資家、ボッチ (@iufPReTCFeH8JPi) February 6, 2022

 

Twitter①

11位 オルカンETF
12位 結い2101
13位 ひふみ投信
14位 Slim8資産
15位 おおぶね
16位 オルカン(除く日本)
17位 楽天VT
18位 SBI全世界
19位 SBI V SP500
20位 Slim新興国株

— マイルドインベスター (@mild_investor) January 22, 2022

 

Yahoo finance

投資哲学で語っていることは立派だったりするんだが、蓋を開けると、インデックスに結局劣後している。
ひふみも含めて、どうもカリスマっぽく見せる人が発言するとそれが真実味を帯びて、疑いもせず信用して買ってしまう。
根拠のない謎な信用ですね。

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねのポートフォリオは?

気になるポートフォリオですがGoogle、amazon、アップルなどへの投資家と思いましたが実態は異なります。

ディズニーがポートフォリオ2位となっており意外ですよね。

昔ながらの老舗の重厚なポートフォリオとなっています。

 

<2022年8月31日時点の組入銘柄>

No. 銘柄 業種 比率
1 MCCORMICK & COMPANY 生活必需品 7.0%
2 THE WALT DISNEY CO. コミュニュケーションサービス 6.9%
3 AMPHENOL CORP-CL A 情報技術 6.4%
4 TEXAS INSTRUMENTS INC 情報技術 6.2%
5 VISA INC-CLASS A SHARES 情報技術 5.1%
6 CHURCH & DWIGHT CO INC 生活必需品 4.1%
7 COSTCO WHOLESALE CORP 生活必需品 4.1%
8 TJX COMPANIES INC 一般消費財・サービス 4.1%
9 SHERWIN-WILLIAMS 素材 4.0%
10 NIKE INC -CL B 一般消費財・サービス 3.9%

 

上記を見る限り、大きなリターンは狙えないも、それなりに堅実な運用成績になっているのかもしれません。

(とはいえディズニーは年初から暴落しています...)

ウォルト・ディズニー・カンパニー株価

 

日本の投資信託といえば、S&P500上位企業を入れるだけのアクティブ投信とはいえないような投信が多い中で、おおぶねはオリジナル性を感じます。

とはいえ王道銘柄が多いのは変わりませんが。

これから強く不況を織り込んでいく米国ですが、どれくらい下落耐性を発揮できるかがおおぶねは勝負です。まだまだ下落は序の口です(円高もきます)。

S &P500の暴落

 

「景気のモメンタム(勢い)が弱まっている」──。バンク・オブ・アメリカのマイケル・ゲーペン率いるエコノミストチームは13日の顧客向けリポートでそう指摘し、米景気は今年「緩やかなリセッション」に入ると予想した。2022年第4四半期(10〜12月)の実質国内総生産(GDP)が年率換算で前期比1.4%減(前年同期は6.9%増)に沈み、以前の予想よりも急激に成長が減速するとした。2023年通年は1%増を見込む。

バンカメも米景気後退を予想 物価高で個人消費失速

 

ちなみに5月末時点は以下でしたが、株価の動きにより多少順位の入れ替えがあっただけでした。

ポートフォリオに大きな動きはありません。

No. 銘柄 業種 比率
1 THE WALT DISNEY CO. コミュニュケーションサービス 6.80%
2 TEXAS INSTRUMENTS INC 情報技術 6.40%
3 AMPHENOL CORP-CL A 情報技術 6.30%
4 MCCORMICK & COMPANY 生活必需品 5.70%
5 VISA INC-CLASS A SHARES 情報技術 5.20%
6 COSTCO WHOLESALE CORP 生活必需品 4.00%
7 NIKE INC -CL B 一般消費財・サービス 4.00%
8 TJX COMPANIES INC 一般消費財・サービス 4.00%
9 SHERWIN-WILLIAMS CO/THE 素材 4.00%
10 CHURCH & DWIGHT CO INC 生活必需品 3.80%

 

続いて以下は2月時点のポートフォリオ。ここからも特に大きな動きはありません。戦略は変わりません。

No. 銘柄 業種 比率
1 THE WALT DISNEY CO. コミュニュケーションサービス 6.70%
2 TEXAS INSTRUMENTS INC 情報技術 6.40%
3 AMPHENOL CORP-CL A 情報技術 6.40%
4 MCCORMICK & COMPANY 生活必需品 5.80%
5 VISA INC-CLASS A SHARES 情報技術 5.10%
6 COSTCO WHOLESALE CORP 生活必需品 4.00%
7 TJX COMPANIES INC 一般消費財・サービス 3.90%
8 CHURCH & DWIGHT CO INC 生活必需品 3.90%
9 SHERWIN-WILLIAMS CO/THE 素材 3.90%
10 NIKE INC -CL B 一般消費財・サービス 3.80%

 

 

運用実績(利回り)は円建のS&P500指数に劣後

堅実そうな運用ができそうなポートフォリオですが、とはいえ上記はポートフォリオの50%でありさらに分散されています。

残りの50%の運用次第でもありますが、どのようなパフォーマンスを上げているのか確認しましょう。

投資信託「おおぶね」の基準価額の推移

 

2017年7月に設定して、基準価額は19,450円となっています。5年で+80%ほどですね。

2020年の大相場でのリターンが大半といますが、今後厳しくなる相場ではどうでしょう。既に直近相場では綻びが見えています。

 

1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン -2.50% -5.35% -6.05% 5.48% 15.08% -- --

 

直近6ヶ月は特に大きく損失を出していますが、3年では年率15.08%となっています。

おおぶねは5年しか運用していませんので、もう少し長い期間で運用パフォーマンスを見たいところです。10年ほどあると確信が持てるのですが。

 

ただ、アクティブ投信として優れているかを測ることはインデックス投信と比較することで可能となります。

以下は円建の米国のインデックスであるS&P500指数とのリターンの比較です。

青:おおぶね
赤:S&P500指数

 

おおぶねと円建のS&P500指数のリターンの比較

 

殆ど同じ動きをしていますね。そしてS&P500指数(円建)に負けています。

正直いって「おおぶね」に投資するメリットはありません。

 

コラム:「ひふみ投信」(=ひふみプラス)と「おおぶね」を比較

コラムとして「ひふみ投信」と比較していきたいと思います。

以下の通り「おおぶね」の運用開始以降は「ひふみ」を圧倒しています。

青:おおぶね
赤:ひふみ投信

「ひふみ投信」と「おおぶね」のチャートの比較

 

「ひふみ投信」は資産規模が大きくなって、ほぼ大型銘柄に分散しているので日経平均と同様になっているのです。

→ やめたほうがいい?不調にあえぐ「ひふみ投信」「ひふみプラス」の時代は終わった?まだ上がる?

 

今後の見通しはやばい!米国株式市場は危険な状況となっている

「おおぶね」の今後の値動きは、S&P500(円建)の今後を予想することと同義といえます。

 

また、今年の2022年初頭の株式市場の下げも大きく損失を出しており、下落耐性はやはり弱いことが確認できます。

米国株は今後、金融引き締めが本格化します。インフレ率を見ればもうこれ以上の緩和は不可能です。

 

現実、今起こっていることは高すぎるインフレ率による不況懸念、そして金融引き締めの開始です。

本来、不況が懸念されれば金融緩和は「開始」されるものです。

しかし、インフレを鎮圧するために引き締め継続をしなければいけない状態となっています。

 

経済用語では高インフレと景気後退がセットとなる最も好ましくない「スタグフレーション」と言われる状態です。

こんな状況は筆者も10年以上株式相場にいますが経験したことがなく、今後の株価は大波乱になると考えています。

 

米国のインフレ率の推移

エコノミスト予想によると、米国のインフレ率は6月も引き続き上昇し、新型コロナウイルス禍でのピークを更新したと見込まれている。米金融当局は追加の大幅利上げに向かう姿勢を続けるとみられる。ブルームバーグ調査の予測中央値によれば、6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.8%上昇と、1981年以来最大の伸びとなる見通し。

参照:Bloomberg

 

ウクライナ、ロシアの戦争もありますし、あまりにもネガティブな材料が多く、ファンドマネジャーの腕の見せ所とも言える相場です。

年初から右肩下がり、大きく下落した分、取り戻すまでにどれくらいの期間がかかるかも未知数です。

 

ウクライナのゼレンスキー大統領は19日、ビデオメッセージを新たに公開し「交渉は、ロシアがみずからの過ちによる犠牲を減らすことができる唯一の機会だ。私たちはずっと、対話の用意があるとしてきた。モスクワにいる皆さんに言いたい。話をする時が来た、今こそ話し合おう」と述べ、建設的な停戦交渉を進めるようロシア側に呼びかけました。
また、ロシア軍による激しい攻撃が続く東部のマリウポリから18日に9000人以上が避難したほか、設置された避難ルートでこれまでに18万人が退避したことを明らかにしました。

NHK

 

おおぶねに投資をするのであれば、この波乱の2022年を乗り越えられるのかを見届けてから、筆者は考えたいと思います。

急いで投資しなければならない先ではないですね。

どのような市場環境でもリターンを狙っていくことができるファンドについては以下でお伝えしています。

 

【2022年以降】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

__________

※7月1日更新

2022年も7月に入り続報ですが、ナスダックは筆者の予想通り株価の下落が止まらない状況です。

ナスダック

 

※7月18日更新

7月18日時点の続報です。インフレ率は9.1%、政策金利はまだ1.75%と絶望的な状況が続いています。

リセッションを織り込み始めているので、株式市場は上下しながら下落していくと思われます。

おおぶねがこの相場でどのように対応していくのかに筆者は注目しています。

Hottest Inflation Since 1982

 

  • 総合CPI、前月比1.3%上昇-2005年以来の大幅な伸び
  • 前月比の伸びはガソリンや食品価格、住居費の上昇を反映

6月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で約40年半ぶりの高い伸びとなった。米金融当局は積極的に利上げを実施するとの決意を固める可能性が高いが、それは景気拡大の流れを大きく損なうリスクを伴う。

米CPI、前年同月比9.1%上昇に加速-FRBへの圧力強まる

 

※8月29日更新

8月26日に開催されたジャクソンホール会議でパウエル議長はインフレを鎮圧しきるまでは政策金利を高水準にいじすることを表明。

 

世界の主要中央銀行トップは先週末のジャクソンホール会合(カンザスシティー連銀主催年次シンポジウム)で、たとえ経済に多少のダメージがあろうとも利上げを貫徹する用意があるというシンプルなメッセージで一致した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は26日の講演で、今後の金融政策の道筋はインフレ抑制に伴うコストとして残念ながら消費者と企業に痛みをもたらすだろうと述べた。

参照:Bloomberg

 

この発表のあと株価は再び下落に転じています。やはりしばらくは厳しい展開ですね。

 

まとめ

おおぶねについての考察をしてきました。

非常にシンプルに運用実績と市場環境から、おおぶねは2022年の結果を見たいと導き出しました。

2022年、2023年は下落相場が継続する可能性が高く、下落耐性の強いファンドで運用するのが最適解になるかと思います。

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 アーリーリタイアを実現する資産運用ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5