(評判と見通し)ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド 『愛称:ロイヤル・マイル』

投資信託

(評判と見通し)ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド 『愛称:ロイヤル・マイル』を徹底評価!

今回はまたも巷で色々と名前を聞くファンドを投資歴の長い筆者の目線で考察していきたいと思います。

これまで様々な投信を紐解いて分析してきましたが、ページビューが非常に多く、需要があるのだなと感じます。

 

今回はベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド 『愛称:ロイヤル・マイル』を取り上げます。

どのようなファンドなのでしょうか?今から投資するにはどうなのでしょう?

 

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド 『愛称:ロイヤル・マイル』とは?

あまりにも名称が長すぎるので、ここからは「ロイヤル・マイル」と呼ばせていただきます。

ベイリーギフォード社の投資哲学を実践するファンドとされていますが、ベイリーギフォード社とはどのような会社なのでしょうか?

 

ベイリーギフォードは100年以上前に設立されたパートナーシップ制の資産運用会社です。弊社は1989年に三菱UFJ信託銀行(旧東洋信託銀行)との間で合弁会社を設立しました。日本の運用・助言資産残高の全ては三菱UFJ信託銀行グループを経由したものとなっており、同グループを通じて数多くの日本お客様に弊社プロダクトにご投資いただいていることを幸運に思っています。

ベイリーギフォードでは投機ではなく、長期投資を行います。弊社における株式の投資哲学では成長性に焦点を当て、またグローバルの視点を取り込みます。独自のファンダメンタルズ分析が、長期に亘るボトムアップによる銘柄選択の成功の鍵を握ります。英国エディンバラを本拠に、知的好奇心と厳格さを共存させたアプローチを効果的に実践しています。私たちのプロセスでは、投資アイデアの共有や活発な討論が極めて重要な役割を果たします。弊社はこれまで内部成長のみによりビジネスを着実に伸ばしてきました。今日では、株式特化型、債券特化型、マルチアセットのポートフォリオを世界中のクライアントのために構築し、運用・助言資産残高は52兆816億円にのぼります。(2021年9月末現在)

BAILLIE GIFFORD

 

BAILLIE GIFFORD

 

運用・助言残高は52兆816億円とは大規模ですね。三菱UFJ国際投信と手を組み、同社の運用商品を日本でも展開したということですね。日本チームはあまり所謂エリートが携わっているとも感じないです。

 

ロイヤルマイルの評判

評判よりも本質を見て自分で判断すべきですが、筆者も少し気になったので収集してみました。まぁ、金融引き締めなので最近の暴落の話題が多いですね。

 

 

 

ロイヤルマイルの投資戦略とポートフォリオ

 

投資手法は「成長株長期投資」です。10年先を見据えた投資を100年以上実施してきたとのこと。

ロングターム・グローバル・グロース戦略(LTGG戦略)となんだか凄そうな名前の投資戦略を実行しているようです。

 

ロングターム・グローバル・グロース戦略(LTGG戦略)

 

 

Morningstar Award “Fund of the Year 2020”「国際株式型(グローバル)部門」でも最優秀ファンド賞を受賞しています。

具体的な運用成績は後半で確認していきます。

 

ポートフォリオは以下の通りとなっています。40銘柄中のトップ10銘柄です。

 

No. 銘柄 国・地域 業種 比率
1 AMAZON.COM INC アメリカ 一般消費財・サービス 6.7%
2 TESLA INC アメリカ 一般消費財・サービス 5.6%
3 NVIDIA CORP アメリカ  情報技術 5.2%
4 ASML HOLDING NV オランダ  情報技術 4.7%
5 KERING フランス 一般消費財・サービス 4.6%
6 TENCENT HOLDINGS LTD 中国 コミュニケーション・サービス 4.6%
7 ILLUMINA INC アメリカ ヘルスケア 4.5%
8 MEITUAN-CLASS B 中国 一般消費財・サービス 4.0%
9 ATLASSIAN CORP PLC-CLASS A アメリカ  情報技術 3.6%
10 CLOUDFLARE INC - CLASS A アメリカ  情報技術 3.3%

 

米国ハイテク、他国一般消費財などが入っています。あまり特徴のあるポートフォリオではありません。個人投資家が組みそうなポートフォリオとも、言えてしまう内容で少し期待はずれでした。わかりやすく長期成長株投資ですね。

あとで運用実績は見ていきますが、金融緩和引き締め時は厳しい動きを見せるとここで予想します。

 

 

ロイヤルマイルの設定来の基準価額推移

ファンドの運用実績

ロイヤルマイルの基準価額を見ていきましょう。2022年になり右肩下がりですね。純資産総額も落ち込んでいます。

 

これは当然で、2020年3月あたりからの上昇を見てほしいのですが、右肩上がりに基準価額も純資産も大きく増加していますね。

ちょうど歴史上初めてとも言える異次元金融緩和が影響しています。以下はFederal Funds Rateですが、2020年初頭に急激に金利が下げられ、今も横ばいとなっていますよね。この時期は成長株は猛烈に上昇します。

 

 Federal Funds Effective Rat

 

以下はFEDのバランスシートです。2020年3月から凄まじい角度で膨らんでいますよね。これが金のばら撒きであり、無限に株式市場に資金が流入していき、上がってはいけない株式銘柄も沢山暴騰しました。

 Assets: Total Assets: Total Assets (Less Eliminations from Consolidation): Wednesday Level (WALCL)

 

長年相場にいますが、投機的に株を買う人にはこれ以上のチャンスはないと言えるくらいの相場でした。

 

しかし、2021年末より、金融引き締めが意識され始め、世界中で株価は大きく下落しました。すでにパーティは終わりました。これから長期投資している投資家、ファンドはかなりの利益を吐き出すことになります(すでに2022年初頭で暴落してしまいましたが)

 

ロイヤル・マイルも長期投資戦略ですから、結局は獲得してきたリターンを吐き出してしまっています。

ファンドの運用実績

 

 

筆者は2022年以降複数年は金融引き締めにより、これまで上昇してきた株価の大半が下落し幻となってしまうと考えています。

株式市場のサイクルとはそのようなものだからです。当然、また不況になり、金融緩和を実施すればまた株は高くなります。

サイクル

 

しかし現在はインフレ率が米国は前年比+8%程度となっており、手に負えない水準です。

このまま不況になる可能性もありますが、政策金利は0.25%ともう下げる余地がありません。

 

FRBの大失態だと思っています。故に、しばらく成長株に投資をするような投資戦略は報われないと思います。

割安株戦略のみがワークします。グローバルマクロでバリュー株投資戦略が向う数年の大きなトレンドになると思います。

 

すでに米国株式市場ではバリュー株が9ヶ月も成長株をアウトパフォームしており、このような相場が始まると複数年継続するものです。

ロイヤルマイルの投資手法が成長株の長期戦略である以上、数年は辛抱する必要がありますし、タイミングとしても次の不況で金融緩和が実施された時がよいタイミングだと思います。今ではありません。

 

 

運用実績と見通しについて

実際の運用実績を見ていきましょう。実はまだロイヤルマイルは3年程度しか実績がありません。2019年からですから、最高の相場である2020年、2021年が全面に出てきます。モーニングスターアワードもこのような短い期間しか投資していない先に賞を与えて良いのか・・・?と少し考え込んでしまいましたが、続けます。

 

1年 3年(年率)
トータルリターン -22.66% 22.24%
カテゴリー 16.24% 13.54%
標準偏差 31.94 27.66
シャープレシオ -0.71 0.8

 

にも関わらず、すでに1年が-22.66%と凄まじい下落となっています。

金融引き締めが昨年のテーパリングから始まり、本格的に実行に移す時期ですからね。2022年はもっと株式市場は荒れるのかもしれません。

 

さらに細かいメッシュで見ると以下の通りです。2022年初頭は株式市場が大暴落をしました。まだまだあると思います。高インフレ率で政策金利が下限一杯という訳のわからないことになっているからです。下落耐性の強いファンドを選ばないと大変なことになってしまいます。

 

1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率)
トータルリターン -1.16% -29.50% -26.19% -22.66% 22.24%

 

  朝方は停戦交渉に対する期待で株式は上昇したが、午後に入ると失速。S&P500種はテクニカル分析で一段安の可能性を示す「デスクロス(死の十字架)」を形成した。大型ハイテク株で構成するナスダック100指数は、高値からの下げが20%を超え、2020年3月以来約2年ぶりの弱気相場入りとなった。ロックダウン(都市封鎖)を敷かれた中国深圳でサプライヤーが操業を停止したことから、アップル株は下落。アリババグループグループや百度(バイドゥ)などで構成するナスダック・ゴールデン・ドラゴン中国指数は12%下げた。

ブルムバーグ:【米国市況】株下落、ナスダック100弱気相場入り-振れ幅大きい展開

 

今後の見通しとしては、このような弱気相場は一度始まると長いので複数年かかります。

ロイヤルマイルも例外ではなく、複数年は下落を覚悟した方が良いと思います。

 

まとめ

ロイヤルマイルについて取り上げました。

長期成長株戦略とのことで非常に分析しやすかったです。成長株で長期投資は筆者は危険な投資だと思っておりますが、当たれば大きいというメリットもあります。

ただし、当たる時期は不況で低金利政策が実行された初期です。今はその一番遠いところにおり、ロイヤルマイルに急いで投資する理由はないと思います。下落耐性の強い投資先を選ぶようにしましょう。

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5