ソフトバンクの社債

債券投資

【ブログ更新】毎回売り切れの期間7年の評判のソフトバンクグループの社債(劣後債)は危険!?個人向け社債の知られざるリスクについてわかりやすく解説!

2022年6月27日

海外では社債で資金を調達するというのが一般的となっています。

しかし、日本ではいまだに銀行からの融資がメインの資金調達手段となっており、社債発行額はずっと少ない状況が続いています。

 

以下は日米の社債と融資による資金調達推移の比較です。

いかに社債という手段が日本で浸透していないかがご理解いただけるかと思います。

 

日本の社債発行額は少ない

 

実際、楽天証券やSBI証券でも海外の企業の社債の販売より、日本企業の社債の販売の方が少なくなっています。

少なくなっていますというより、基本的にたまに売り出される一社を除き社債を売り出している企業は見当たりません。

そのたまに社債を販売する企業というのがソフトバンクグループです。

 

ここで注意していただきたいのですが、ソフトバンクとソフトバンクグループは別会社です。

ソフトバンクは皆さんに馴染みが深い通信会社ですが、ソフトバンクグループは孫正義氏が世界のハイテク企業に投資をしている投資会社です。

アリババに初期から投資してIPOで巨額の利益を得たという報道も記憶に新しいですね。両者を勘違いしている人が殆どかと思います。

ソフトバンクという名前の安心感から社債は常に販売してすぐに売り切れとなります。

 

本日はソフトバンクグループが発行している社債について以下の観点からお伝えしていきたいと思います。

  • ソフトバンクグループが発行する社債(劣後債)とは?
  • ソフトバンクグループ社債の危険性とは?

 

ソフトバンクグループの社債(劣後債)の概要とは?

では、まずはソフトバンクの発行している社債の概要とは?

ソフトバンク劣後債の概要

ソフトバンクの社債

商品名 ソフトバンクグループ株式会社 第5回無担保社債(劣後特約付)
発行体 ソフトバンクグループ株式会社
格付 BBB+(JCR)
利率 年2.48%(税引前)
年1.976%(税引後)
利払日 毎年2/4および8/4
初回:2022/8/4
お申し込み単位(額面) 100万円以上、100万円単位
当社お申し込み期間(予定) 1/21(金)12:00~2/3(木)14:00
発行価格・償還価格 額面金額の100%
払込期日(発行日) 2022/2/4
満期償還日 2029/2/2
期間 約7年
劣後特約 以下の劣後事由発生以降は、発行体の一般債務が全額弁済されるまで本債券の元利金支払は行われません。

(1)日本法に基づく清算手続(会社法に基づく通常清算手続または特別清算手続を含む。)の開始
(2)日本の裁判所による破産手続開始
(3)日本の裁判所による会社更生手続開始
(4)日本の裁判所による民事再生手続開始
(5)日本法によらない、上記(1)~(4)に相当する清算、破産、会社更生、民事再生、またはこれらに準ずる手続の開始

発行額 5,500億円

 

発行価格と償還価格と利率の意味

発行価格と償還価格は100%となっています。

債券は発行した時と償還した時の額面が違うのが通常です。発行価格が額面価格の97%の場合は、97万円で購入した債券が償還時に100万円を受け取れるということを意味します。

ソフトバンク社債は両者とも100%なので100万円で発行された債券を購入して、償還時に100万円を受け取ることができるということになります。

 

また、利率は年率2.48%ということは額面に対して2.48%の利息を受け取ることができるという意味です。

100万円を投資した場合は毎年税前で2万4800円、税後で1万9760円の利息を受け取ることができます。

関連:国債は儲かるのか?個人向け国債はおすすめできるのか?債券投資で利益を狙う方法をわかりやすく解説!

 

期間は7年

償還までの期間は7年となています

つまり7年間保有し続けたら毎年税前で年率2.48%の利息をもらいながら、元本が100%返ってくるということですね。

 

劣後特約とは?

ソフトバンクの社債は劣後債です。

劣後債とは名前の通り、倒産した場合に普通の社債に比べて返済順位が低い社債のことを言います。株式よりは優先されます。

倒産となった場合は投資した資金が返ってこないと考えた方がよいでしょう。その代わり通常の社債より高い金利が設定されているのです。

 

劣後債とは、普通社債に比べ、元本と利息の支払いの順位が低い社債のことをいいます。発行体が破綻するなど「劣後事由」が発生した場合、一般債権者(普通社債保有者等)の債務弁済完了後に残余財産が劣後債保有者に弁済されます。劣後債は残余財産の弁済順位が最も優先される普通社債と、弁済順位が最も低い株式との中間的性格を持っています。金融機関が発行する劣後債は、一定の制限のもと、自己資本への算入が認められているため、自己資本を増強する手段として発行される場合があります。

参照:SMBC日興証券

 

ではもう一度先ほどの劣後特約を見てみましょう。

 

以下の劣後事由発生以降は、発行体の一般債務が全額弁済されるまで本債券の元利金支払は行われません。

(1)日本法に基づく清算手続(会社法に基づく通常清算手続または特別清算手続を含む。)の開始
(2)日本の裁判所による破産手続開始
(3)日本の裁判所による会社更生手続開始
(4)日本の裁判所による民事再生手続開始
(5)日本法によらない、上記(1)~(4)に相当する清算、破産、会社更生、民事再生、またはこれらに準ずる手続の開始

 

まさに劣後債の内容そのままということですね。これが後のリスクに関わってきます。

 

ソフトバンクグループの劣後債のリスクや危険性とは?

では本題のリスクについてお伝えしていきたいと思います。

途中解約すると元本保証とはならない

あくまで満期まで保有することで最後に元本が返還されます。

しかし、7年間資金が拘束されるというのは厳しいことです。途中で子供の教育や家の購入などで資金が必要になる場合もあります。

必要になった時に解約した場合、必ずしも元本が返ってくるとは限りません。

 

売却する時は、その時の時価での売却になってしまいます。

仮に売却時に現在より金利水準が上がっていたりやソフトバンクグループ自体の格付けが下がっていたら購入時より安い金額での取引となり元本割れとなります。

一方、金利水準が下がっていたりソフトバンクグループ自体の格付けが上がったりしたら購入時より高い金額での取引となり寧ろ利益を得ることができます。

 

債券投資だから必ず元本が保証されていないということは理解しておきましょう。

 

ソフトバンクグループが倒産するリスク

次にもっとも恐るべき自体としてソフトバンクグループの倒産リスクがあります。最初にお伝えした通り、ソフトバンクグループは通信会社ではなく投資会社です。

そして、ソフトバンクグループが投資しているのはハイテク関連の黎明期の企業です。

 

当たれば大きいのですが、投資先の会社の価値が半減したり倒産することも多々あります。ハイリスクハイリターンの投資を行なっているのです。

財務分析をした結果、現在投資しているソフトビジョンファンドの時価総額が半分に下落したら危機的な水準に陥るのです。

このようなハイリスクの投資をするための資金をわずか2%程度の金利で貸し付けるのは割に合わないというのが正直な感想です。

 

そもそもソフトバンクグループが劣後債を発行している理由は以下です。

格付けを悪化させないように苦肉の策で劣後債を発行しているというのが読み取れますね。

 

なぜSBGは個人向け社債を普通社債ではなく劣後債で発行するのだろうか。

それは劣後債の性質が関係している。劣後債はその一部を資本に算入できる。発行企業にとっては、負債を増やし財務を悪化させることによる格下げを防ぎながら資金調達できるメリットがある。株式発行・増資といったエクイティファイナンスと比べても優位性は高い。1株当たりの価値が希薄化するといったことがないため、株価下落のリスクも抑えられる。

通常の社債より利率が高いため調達コストはかさむものの、現在は未曽有の低金利環境。社債利回りは全般的に低下しており、少しでも高い利回りを提示した方が投資家の引き合いは強い。現在は劣後債発行のコストよりもメリットの方が上回っている。

参照:日経新聞

 

個人投資家の中にはソフトバンクとソフトバンクグループの差を理解せずに投資している方も多いでしょう。

本来であれば取っているリスクからすると、もっと大きな利息を払うべきだと思います。

仮に倒産してしまった場合は元本全てを失うことになるので、テールリスクとはいえ大きなリスクを負っていることになります。

 

まとめ

今回のポイントをまとめると以下となります。

 

ポイント

  • ソフトバンクとソフトバンクグループは別会社
  • 額面と発行価格は同じで税後で約2%の利回り
  • 償還までに解約をした場合は元本割れする可能性がある
  • ソフトバンクグループの倒産リスクには注意を払う必要がある

以下ではリスク低く10%近い利回りを獲得できる筆者も投資しているファンドを中心にお伝えしていますのでご覧ください!

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-債券投資

© 2022 株式投資ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5