投資のソムリエ

投資信託

損失抑制が評判の投資信託「投資のソムリエ」を2022年の下落理由とは?掲示板での口コミや今後の見通しを含めて評価!

2022年3月8日

元本保証は難しかったとしても、なるべく安全に元本が減らないように投資をしたい。

このようなニーズに合わせて組成された投資信託が「投資のソムリエ」です。

 

投資のソムリエは確かに防御力は高い投資信託です。

しかし、果たして長期的に資産を形成するという観点にたった時に魅力的な投資信託なのでしょうか?

本日は「投資のソムリエ」の特徴を紐解いた上で、投資する価値がある投信なのかという点について切り込んでいきたいと思います。

 

 

最初に評判や口コミを軽くチェック(掲示板、TwitterなどSNS)

評判をチェックすることである程度商品のヒントを得られますので、最初に軽く見てみたいと思います。

下落を免れて低いリターンでも安全に運用したいというニーズに応えられず批判的なコメントが数多く寄せられています。

 

 

たのしいですよね。ズブズブ沈むの眺めるの。また浮上すればいいけど
このファンドに限っては再浮上は有り得ない

 

底なし沼的に、絶好調ですねw

 

トップテンにアセマネONE三つも入って居るじゃねーか

この先、ますますキツそうだな、、

 

また過去最低を更新しましたな。

 

−90て、やってくれましたな。。ここ最近で最悪。ホント頼みますわ。。

YAHOOファイナンス掲示板

 

阿鼻叫喚という感じですね。

 

投資信託「投資のソムリエ」の特徴とは?

まずは特徴について見ていきましょう。

投資対象は世界の資産

投資のソムリエの投資対象は世界の「債券」「株式」「リート」に分散投資しています。

 

投資のソムリエの投資資産

 

これら8個の資産を安定資産とリスク性資産で分類しています。

 

【安定資産】

国内債券
為替ヘッジ先進国債券

 

【リスク性資産】

国内株式
国内リート
先進国株式
先進国リート
新興国債券
新興国株式

 

 

リスクを4%に抑えることを目標としている

投資のソムリエの運用目標はリスクを4%に抑えることです。

 

投資のソムリエの運用目標

 

今、そもそもリスクってなに?下落を4%以内に止めること?

と思われた方が多いと思います。

投資におけるリスクは標準偏差のことで平均リターンからどれくらいの確率でどれくらいぶれるかを示した指標です。

リスクが小さい投資商品はリターンが赤の範囲におさまり、リスクが高い投資商品は青の範囲におさまることになります。

投資におけるリスクを概念図で示す

 

統計学的にはリスクが4%ということは以下を意味します。

 

平均リターンから±4%に収まる確率が約68%
平均リターンから±4%×2(=±8%)に収まる確率が約95%
平均リターンから±4%×3(=±12%)に収まる確率が約99.7%

 

実際、投資のソムリエは以下の通りリスクを約4%に抑えています。一方リターンは3%台と非常に低いのですが。。リターンについては追って詳細を追っていきます。

投資のソムリエのリスクリターン

 

相場環境の応じて組み換えを適宜行いポートフォリオの最適化を図っている

投資のソムリエは各資産のポートフォリオに占める配分を決めているのですが、毎月比率を見直しています。

安定資産が下落する局面ではリスク性資産の比率を増やして、反対にリスク性資産が下落する局面では安定資産を増やすというように組み換えています。

また、両方とも落ちる局面では現金比率を高めるとしています。

 

投資のソムリエのポートフォリオの組み換え

 

まあ、実際されができたら苦労しないんですがね。

あくまで上記は理想論です。今、どの資産が下落する局面か分かるのは神だけです。

この機動的配分戦略はあまり過度な期待を抱かない方がよいでしょう。

 

現在のポートフォリオ構成

現在2022年12月末時点での投資のソムリエのポートフォリオ構成は以下となっています。

 

資産 2022年12月31日
安定資産 国内債券 42.0%
為替ヘッジ先進国債券 20.0%
リスク性資産 新興国債券 7.5%
国内株式 2.0%
先進国株式 6.0%
新興国株式 7.0%
国内リート 4.0%
先進国リート 2.0%
現金 9.5%

 

ちなみに2022年1月末時点からの推移は以下となります。2022年年初から先進国債券の比率が減っています。

現在は米国が利上げ引き締め局面ですから、2022年の年央に債券の比率を下げるのは理解できます。

 

しかし、景気後退の足音が近づき利下げに転じるタイミングが近いこともあり本来は2022年末からは先進国債券の比率を上げるべきところです。

筆者としては、長い期間引っ張って債券を保有してしまったからには、底値局面に近い今はむしろポジションを増やす戦略が正しいように思うのですが。

 

資産 基本配分比率
12月 11月 9月 2月 1月
国内債券
(安定資産)
42.0% 43.5% 37.50% 6.0% 16.5%
為替ヘッジ先進国債券
(安定資産)
20.0% 16.5% 21.50% 56% 38.5%
新興国債券
(リスク性資産)
7.5% 6.5% 6.50% 7.0% 6.5%
国内株式
(リスク性資産)
2.0% 3.5% 7.50% 13.0% 13.5%
先進国株式
(リスク性資産)
6.0% 5.5% 5.00% 3.5% 11.0%
新興国株式
(リスク性資産)
7.0% 6.0% 5.50% 4.5% 2.5%
国内リート
(リスク性資産)
4.0% 6.0% 4.00% 3.5% 4.5%
先進国リート
(リスク性資産)
2.0% 2.5% 2.50% 3.5% 4.0%
現金 9.5% 10.0% 10.00% 3.0% 3.0%

 

 

大きな分類としての推移は以下となります。2021年末から現金比率を高めて、リスク性資産を減らしているのが読み取れます。

とはいえ2022年の債券価格下落により、リターンは明らかに得られていませんし基準価額が下落する大きな要因になっています。

 

投資のソムリエのポートフォリオの変遷

 

 

投資のソムリエのリターンは魅力的?

リスク回避的な運用であることはわかりましたが、重要なのはリターンです。

結局、資産が増えていなければ投資をしている意味がないですからね。以下は設定されて以来の投資のソムリエの基準価格の推移です。

投資のソムリエの基準価格の推移

 

 

この好調な相場が続いた2012年から2022年で基準価格が20%しか上昇していないのは由々しい事態ですね。

データでみると以下の通りとなります。

 

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
トータルリターン -12.03% -2.69% -0.21%
標準偏差 3.56 3.05 2.83
シャープレシオ -2.41 -0.69 -0.06

 

10年のデータはないので、5年のデータを元に今後1年のリターンを確率毎に予測すると以下となります。

 

平均リターン1.69%±2.83%(=▲1.14%〜4.52%)に収まる確率が約68%
平均リターンから1.69%±2.83%×2(=▲3.97%〜7.35%)に収まる確率が約95%
平均リターンから1.69%±2.83%×3(=▲6.80%〜10.17%)に収まる確率が約99.7%

 

最大損失が7%程度と低く抑えられる反面、残念ながら最高でも10%、殆どは良くても5%以内のリターンに収まることが示されています。

しかし、平均リターンの1.69%はもはや投資している意味がないレベルですよね。

 

eMAXISバランス(8資産均等型)とリターンを比較

投資のソムリエは様々な資産を組み入れているバランスファンドです。

ですので同じく様々な資産に分散して投資しているeMAXISバランス(8資産均等型)と比較していきたいと思います

 

eMAXISバランス(8資産均等型)は投資のソムリエと同じ8資産を均等に組み入れています。

eMAXISバランス(8資産均等型)のポートフォリオ

 

組み入れ比率が違うのが「投資のソムリエ」との違いですね。

定期的にリバランスを行うことでポートフォリオの比率を調整しています。

eMAXISバランス(8資産均等型)と投資のソムリエのリターンを比較したものが以下となります。

赤:投資のソムリエ
青:eMAXISバランス(8資産均等型)

eMAXISバランス(8資産均等型)と投資のソムリエの比較

 

過去1年でみると投資のソムリエは酷い内容ですね。

残念ながら右肩下がりのチャートになっています。

 

投資のソムリエとeMAXIS Slim8資産均等の過去1年のチャート比較

 

 

投資のソムリエをeMAXISバランス(8資産均等型)が圧倒していますね。ただeMAXISバランス(8資産均等型)はコロナショックのような局面で脆弱性を発揮しています。

一長一短はありますが、長期的な資産形成を考えるのであれば、この2つであればeMAXISバランス(8資産均等型)の方が合理的ですね。

 

2023年以降の今後の見通しとは?

では、2023年以降の今後の見通しについて見ていきたいと思います。現在のポートフォリオをもう一度見てみましょう。

 

資産 2022年12月31日
安定資産 国内債券 42.0%
為替ヘッジ先進国債券 20.0%
リスク性資産 新興国債券 7.5%
国内株式 2.0%
先進国株式 6.0%
新興国株式 7.0%
国内リート 4.0%
先進国リート 2.0%
現金 9.5%

 

一時は60%近くを占めていた先進国債券がわずか20%しかありません。債券価格というのは金利が低下するにつれて価格が上昇します。

先進国債券で最も大きなポジションをしめるのが米国債券です。米10年債金利の推移は以下となります。

 

米国の10年債金利の推移

 

2022年は欧米を中心として発生したインフレに対応するために中央銀行が金利を引き上げたことで米10年債金利も急上昇しました。

しかし、インフレと金利の上昇によって景気後退懸念がたかまり金利は低下し始めています。つまり債券価格は底打ちして上昇しはじめているのです。

つまり、ここからは先進国債券の比率を増やしていなければいけないのに逆に減らしているのです。これではリターンを見込むのが難しいです。

2023年もあまり期待できないと考えています。

 

まとめと更に良い選択肢について

投資のソムリエは国内と海外の債券、株式、REITを組み合わせてポートフォリオを組成しています。

各資産の組み入れ比率は流動的に調整しています。

価格の変動幅を表すリスクは4%以内に収めていますが、その代わりリターンはマイナスと非常に低くなっています。

 

同じバランスファンドのeMAXISバランス(8資産均等型)はリターンは投資のソムリエよりは高いですが、代わりに暴落耐性が低くなっています。

投資のソムリエの買い時は一生きそうにありません。なぜならば安全重視のファンドの割に元本割れも近いところまで来ているからです。

他に良い選択肢はいくらでもあります。

 

以下では筆者が投資している運用以来一度も年ベースでマイナス成績を出さず、年平均10%以上のリターンを出しているファンドを含めて紹介しています。

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2023 アーリーリタイアを実現する資産運用ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5