BMキャピタル

BMキャピタル (BM CAPITAL)

【BM CAPITAL】安定運用が評判のBMキャピタルの運用実績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドの実態は?

 

筆者は資産を飛躍的に伸ばすべく、ヘッジファンドとインデックスファンドに重点的に投資を行っています。

今回の記事では、筆者のポートフォリオの核となっている、BMキャピタル(安定して10%程度の利回りを長期的に実現)について取り上げて行きたいと思います。

 

すでに別の記事でも述べましたが、長期で資産を大きく成長させるために必要なことは「毎年プラスの運用リターンを出す」「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。

 

BMキャピタルは下落に強く派手なリターンはないも、堅実な運用益を運んでくるヘッジファンドとして徐々にその知名度が高くなってきました。知名度が2018年の大きな下落相場や2020年のコロナショックでも基準価格が下落しなかったことで評判が更に高まっています。

 

今回はBMキャピタルの成績や運用手法について投資歴の長い筆者の知る範囲で、少し総括してみようと思います。

※追記:2021年後半からの日経平均が20%下がっている局面でも無傷、寧ろ高いリターンを獲得していました。

 

BM Capital公式ページへ

 

 

気になる運用成績・利回り(コロナショックでも無傷の下落耐性の高さ)

まずは、何よりも重要な運用成績からお話します。BMキャピタルの運用で特筆すべきなのは下落耐性の高さです。

筆者は2014年から運用を任せておりますが送付されてくる運用レポート上、マイナスの成績となったことはありません。

 

なんといっても、2016年や2018年(チャイナショック)といったTOPIXが沈んでいる年でもしっかりとプラスのリターンを叩き出しています。

 

そして、直近2020年2月〜3月のコロナショックでTOPIXや日経平均は年初から30%下落しています。

しかし、BMキャピタルは同期間殆ど下落せず無傷で乗り切っています。

最近の2022年初頭に入ってからの下落も無傷で乗り切っており、投資哲学に則り、年平均10%以上の運用利回りを実現しています。

 

幾度も下落局面を無傷で乗り切るBMキャピタル

 

特徴は下落耐性への強さ

BMキャピタルは投資家に向けて四半期ベースで運用報告書を出しています。筆者が投資して以来、「四半期ベース」では若干のマイナスを出したことはあります。

しかし、二四半期連続(半年ベース)でみた時に、運用がマイナスとなることはありませんでした。

 

例えば第一四半期(1-3月)であれば3月末に市場が急落すれば、揺り戻しを待たずに決算を迎えてしまいます。

その点は理解しなければなりません。投資は短期目線ではダメで、大局を見る必要があります。

 

堅実なリターンの源泉はバリュー株投資

後にまた詳しく触れますが、BMキャピタルのファンドマネージャーの手腕は信頼性が非常に高く、上記の下落耐性に加え、毎年平均10%程度のプラスの成績を出しています

営業員の方に資料を元に説明を受けるとわかりますが、右肩あがりの綺麗な直線常のグラフとなっています。

 

海外の著名なファンドなどでは、派手な50%のような運用成績を喧伝しているファンドが見られます。

このようなファンドは調子がわるいと▲50%のような非常に価格変動の大きな動きをする傾向にあります。

 

価格変動が大きい資産に投資をおこなっていたり、レバレッジを掛けて運用を行っていることが原因です。

運用リターンが異常に高いということは、リスクも異常に高いという認識を新たにする必要があります。

 

high risk

 

一方BMキャピタルは、これも後に触れますが堅実な、歴史的に確立されたバリュー株投資をおこなっています。

価格下落リスクが著しく低い銘柄をノーレバレッジで行っています。マイナスの運用成績を出す可能性が非常に少ないのです。

 

また守りの側面だけではなく、日本の代表指数であるTOPIXが堅調な時は、当然の如くTOPIXよりも高いリターンを上げています。

 

BM Capital公式ページへ

 

 

過去のデータから見るBMキャピタルへの投資のリスク

BMキャピタルの特徴として、価格のブレ幅(リスク)が小さいことが挙げられます。

価格のブレ幅の指標である「標準偏差」は2013年1月から3.23%と日経平均の4.65%を優位に上回っています。

 

つまり、BMキャピタルは以下のAのような値動きをするファンドであるということが出来ます。同じリターンを達成していたとしても、ファンドBであれば冷や冷やしますよね。

リスクが高いファンドと低いファンド

 

 

投資の世界ではこの値動きの度合いのことをリスクと呼んでいます。

BMキャピタルはリスクが少なく、元本が守られる可能性が高く、安定して10%の運用成績が見込める長期投資に適した投資先であると言えるでしょう。

 

 

ファンドマネージャーの経歴(東京大学卒業後、一流外資系金融機関出身者)

ヘッジファンドにおいて最も重要なのはファンドを運用するファンドマネージャーの手腕です。

BMキャピタルのファンドマネージャーは東京大学を卒業後、外資系の金融機関であるバークレイズキャピタルで経験を積んでいます。

金融先進国の英国の一流銀行に入れている時点で東大生の中でもトップ層であることがわかります。

東京大学 バークレイズ証券

 

同氏は東京大学在籍時代から事業を立ち上げて、そこで獲得した資金を元に運用を開始しています。この実業家出身であることが、現在のBMキャピタルでの「アクティビスト戦略」に生きているものと想像します。

 

大学在籍時の運用に於いて、遭遇した2008年のリーマンショックも運用はプラスで乗り切り大きなリターンを獲得したことで、学生時代から評判を集めていました。

つまり、個人の運用も含めると運用期間は12年間になります。ベテランマネジャーですね。

 

また、同氏は社会活動も行なっており、東京大学基金に寄付を行い栄誉会員として東大からも表彰されていますが、このあたりはファンド担当者に聞くのが良いでしょう。

 

BM Capital公式ページへ

 

 

BMキャピタルの運用手法(バリュー株投資戦略/アクティビスト戦略/イベントドリブン戦略)

BMキャピタルの運用手法について、なぜ、下落耐性が高い運用を継続できているのかを謎解きしていきましょう。

 

基本は伝統的な本格派のバリュー株投資

BMキャピタルの運用手法は長期的な資産形成に適した日本株のバリュー株投資戦略です。

 

筆者はBMキャピタルから定期的に送付されてくる四半期報告書を詳しく分析しています。

その四半期報告書から読み解いたBMキャピタルの投資手法と哲学についてここで少し説明していきます。

 

一般的な「バリュー株」というと低PERや低PBRの銘柄に投資するのが一般的です(本来は誤りで、簡単に選定できる代物ではありません)。

 

実際にBMキャピタルのように「バリュー株」を特徴とし、一般投資家に売り出している投資信託、ファンドはとても多いです。

しかし、残念なことに「低PER」や「低PBR」の銘柄を組み入れたに過ぎないファンドが、「バリュー株投資」を名乗ってしまっています。

 

本物のバリュー株投資というのは『バリュー投資の父』『ウォールストリートの最長老』と呼ばれる、ベンジャミン・グレアム氏によって開発されたものです。同氏はあのウォーレン・バフェット氏の師匠です。

 

賢明なる投資家

 

本物のバリュー株投資とは、財務諸表をしっかりと精査し、株価水準が割安として適正化どうかの判断、また会社訪問などを経た上で、十分な安全域を有している銘柄に投資を行うという手法を指します。

 

グレアム← →バフェット

グレアムとバフェット

 

 

ベンジャミン・グレアムはあの最も偉大な投資家ウォーレン・バフェットをコロンビア大学の生徒として教えており、唯一バフェットに最高評価のA+を与えたという逸話も残っております。

バフェット自身もグレアムを強固な投資理論を持った人物として師として仰いでいました。

 

 

ミスターマーケットの存在

グレアムとバフェットが好きな人物にミスターマーケットについて説明していきたいと思います。

「ミスターマーケット」というのは架空の人物です。

 

ミスターマーケットは市場価格そのもの、つまり株価を擬人化したものです。

グレアムはある企業の株式を購入するときに共同購入者としてミスターマーケットがいると考えます。

 

ミスターマーケットは毎日購入した株価の現在価値の自分の考え(=株価)を毎日教えてくれて、その価格で自分の持ち分を買ってもいいと言うし、売ってもいいと言ってくると例えています。

非常にせわしなく教えてくるので、時には自分の判断を過ちそうに仄めかしてくると面白い例えをしています。

 

stock market

 

ミスターマーケットは「適正価格に対して時には著しく高い価格を提示してくるし、低い価格を提示してくる」と言うのです。

つまり株価とは「短期的には適正価格から著しく乖離した価格で取引される可能性がある」と暗に伝えているのです。

 

近視眼的にはミスターマーケットはご乱心されることもありますが、長期的には適正価格に収斂するという考えをグレアムもバフェットも持っています。

著しく安い価格で短期的に取引されている株価を購入し、適正価格となったときに売却して大きな利益を取ろうとしていることを意味します。

 

BMキャピタルの銘柄選定の特徴(バーゲンセール銘柄を見極める技能)

BMキャピタルではベンジャミン・グレアムが提唱するよりも厳しい基準で、これ以上価格が下がりにくい銘柄を探し当てて投資を行っています。

企業が保有するネット現金同等物の価格が株式価値を上回るものを主な投資の対象としています(当然これだけで銘柄は選んでおらず、ほんの一部になります)。

 

ネット現金性資産  > 時価総額

 

ネット現金性資産というのは現金や売掛金・受取手形などの営業債権、

保有する有価証券といった現金化が可能な資産から全ての負債を引いたネットの現金性の資産です。

 

例えば以下の通りです。

 

  • 現金1億円、1億円の不動産物件を保有している
  • 富裕層のAさんがローン7000万円を抱えていた場合は?
  • ネット現金性資産は「現金1億円 - ローン7000万円=1億3000万円」となる

 

このネット現金性資産が企業の時価総額を上回っている場合に購入対象にするという戦略です。

 

時価総額というのは株価×発行済株式数のことです。

企業を買うのにいくら必要かという企業のお値段(時価)ということになります。この基準は非常に厳しいものです。

 

他に保有している土地や建物や商品を一切度外視、さらに今後あげる収益についても一切度外視して、保守的なネット現金性資産のみで企業の価値である時価総額を上回っている銘柄ということになります。

 

この銘柄の指し示すことは、今現在会社を解散して清算した場合に、確実に保有している株式価値異常の清算配当金を受け取ることが出来る、ということです。

 

cash

 

現在1株あたり1万円有している企業を8000円で購入しているのですから、バーゲンセールそのものです。

 

BMキャピタルはこのような異常な割安水準で取引されている銘柄を選定します。

さらに安定した事業を有して利益を上げているか、効率よく利益を稼げているかを総合的に勘案した上で投資銘柄を選定しているのです。

 

この「バーゲンセール」は長年磨いてきたバリュー株投資手法を用いた運用経験があるからこそ、見えるものだと思います。

玄人には見えるが、我々のような相場経験が浅い人間からするとどの銘柄がバーゲンセールなのかは全くわからないでしょう。

 

Bargain sale

 

過去の実業家経験を活かした、またヘッジファンドならではの資金力を活かしたアクティビスト戦略

上記のような投資を行った後も、積極的に経営陣に株価上昇策である増配や自社株買を進めて、能動的に株価を引き上げるアクティビスト的な動きもしっかり行っています。

以下はBMキャピタルがアクティビスト戦略とバリュー株投資戦略を組み合わせて投資している事例です。

 

BMキャピタルの直近の組み入れ銘柄「常磐開発」を紹介!事例を通じて投資手法を理解しよう。

 

 

バリュー株投資の弱点として、割安銘柄を選定し購入したは良いものの、いつその株価が上昇するかは読めないというものがあります。

アクティビスト戦略は、経営陣に提案を行うことで株主還元策など資本政策、また本来実行すべき市場へのアピール、実業への経営提案などを実行し、株価上昇に寄与する動きをしていく点が特徴です。

これは、上記で紹介したベンジャミン・グレアム氏がまさに実行していたことです。

 

BM Capital公式ページへ

 

 

BMキャピタルのスキーム(ヘッジファンドという組織形態)

一般投資家が投資を行う際に、最も身近な投資先として投資信託があると思います。

 

投資信託は第一種/第二種金融商品取引業や投資助言・運用業者としての登録を行ったファンドで、大々的に宣伝を行うことが出来ます。

 

我々がTVや雑誌や金融機関の窓口でよく目にするのは、投資信託が公募ファンドであることが要因なのです。

しかし公募ファンドにはデメリットもあり、金融庁の監督下にあり運用や運営形態について様々な規制があります。

つまり、ファンドマネージャーが自由に辣腕を振るうことが出来ないという欠点もあるのです。

 

そして公募ファンドではない形式をとっているのが私募ファンドなのですが、BMキャピタルは合同会社の形式をとった私募ファンドとなっております。

 

合同会社と聞くと聞きなれない気もしますが欧米諸国では一般的な形態です。

会社の後ろにLLC(Limited Liability Company)と書いてある企業が合同会社です。欧米のヘッジファンドもLLC形態が多いです。

 

また一般的な有名企業、例えば世界最大のウォルマートを始めとして「株式会社」形態と同レベルまで浸透してきている一般的な会社形態です。

walmart

 

 

日本でも有名なところで言えば、西友や日本ケロッグ、アマゾンジャパン等も合同会社の形態で営業を行っております。

 

合同会社という形式をとることによりBMキャピタルは公に募集できるというメリットを放棄し、金融庁からの規制に縛られることなく自由で柔軟な運用を行い、投資家の利益を最大化のための運用を実践していくことができるのです。

 

運用成績を確りと挙げていれば、自然と噂が噂を呼び投資家は集まってきます。

運用成績が公募の役割を果たすと考えれば、表面的なメリットを捨てて本質に集中する姿勢は称賛に値すべきものだといえます。

 

【2022年】個人投資家がアクセス可能な日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング。個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

 

 

BM CAPITALへの出資方法

魅力的なBMキャピタルですが、投資信託のように公募ではない為、銀行の窓口や証券界者で購入することはできません。

自分で問い合わせを行い、実際にファンドの方の話を聞いた上で投資判断を行う必要があります。

 

筆者、この直接会って説明を受けるというプロセスは自分の大切な資産を預け入れるという観点において非常に重要なものとなります。

目論見書や投資信託の中身を理解していないで販売を行っている銀行の窓口の勧めに従い、自分の大切な資金を投資信託に預け入れる方がよほど危険であると考えます。

 

実際に自分で問い合わせて営業の方と会い、運用成績、ファンドマネージャーがどんな人なのか、過去投資実績はどのようなものがあるのかを聞いてみると良いでしょう。

 

最低投資額は1000万円ですが、実際は運用成績に満足した場合に増資をすることを前提にそれ以下の金額で投資を受け入れることもあるみたいです。

最低出資金についても相談してみても良いでしょう。

 

BMキャピタルの最低出資金はいくらから?1000万円未満でも投資は可能なのか?

 

 

まとめ

今回特集したBMキャピタルのポイントは以下となります。

 

  • 運用成績は過去5年間常にTOPIXを大幅に上回っている
  • 半年ベースでマイナスの成績となったことがない
  • リーマンショックも乗り切る安定性
  • 2018年はTOPIXが20%近いマイナスとなるなか、5%を上回る成績
  • 運用手法はアクティビスト型バリュー株投資
  • プライベートファンドとしては閾値が低い最低出資金

 

 

BM Capital公式ページへ

 

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-BMキャピタル (BM CAPITAL)

© 2022 株式投資という勝者のゲーム〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5