まるごとひふみ100/15/50を徹底解剖!ひふみ投信は終わったと評判だが組入銘柄とその株価、基準価額チャートなどから実態を紐解く

投資信託

まるごとひふみ100/15/50を徹底解剖!ひふみ投信は終わったと評判だが組入銘柄とその株価、基準価額チャートなどから実態を紐解く

まるごとひふみは下記の3つのファンドの総称です。

  • まるごとひふみ15
  • まるごとひふみ50
  • まるごとひふみ100

ひふみと言えばひふみ投信が人気です。日本で最も買われているアクティブ投信ではないでしょうか。

しかし、近年はリターンがインデックスを下回るようになり、テレビに取り上げられていた時期の輝きは失われているように見えます。

 

今回はそんなひふみ投信が展開する「まるごとひふみ」とはどのような投資信託なのかを紐解いていきたいと思います。

 

 

まるごとひふみの特徴(15/50/100の違い)

それでは概要を見ていきましょう。まるごとシリーズは「まるごとひふみ15」「まるごとひふみ50」「まるごとひふみ100」の三種類のファンドが存在します。

以下が概要ですが、ひふみ100は為替ヘッジがなく、日本、海外株で運用。ひふみ15/50は株式、債券がメインの運用となり為替ヘッジはする安定運用であることがわかります。

商品分類 属性区分
ファンド名 単位型・
追加型
投資対象
地域
投資対象資産
(収益の源泉)
投資対象
資産
決算頻度 投資対象
地域
投資形態 為替ヘッジ
ひふみ15 追加型 内外 資産複合 その他資産
(投資信託証券(資産複合(株式、債券)
年1回 グローバル
(日本を含む)
ファンド・
オブ・
ファンズ
あり (部分ヘッジ)
ひふみ50
ひふみ100 株式 その他資産
(投資信託証券(株式 一般))
なし

 

まるごとひふみ保有比率

 

 

運用プロセス

以下の3つのファンドで運用していきます。保有比率は上記の通りです。

  1. ひふみ投信マザーファンド・・・国内外の上場株式、割安銘柄への投資
  2. ひふみワールド ファンド・・・世界株式を投資対象、成長性が高い銘柄への投資
  3. ひふみグローバル債券 マザーファンド・・・国内外の投資適格債への投資、安定運用

 

ひふみ投信マザーファンドは既に過去に分析したファンドですが、ひふみワールドで世界インデックスのリターンを取り込み、ひふみグローバル債券マザーファンドでリスクコントロールしていくイメージですね。

まるごとひふみ100は債券が組み入れられていないので、それだけリスクは高く、そしてパフォーマンスも高くなる確率が高くなります。

まるごとひふみ保有比率

 

組み入れ上位銘柄(マザーファンド、ワールドファンド)

ひふみ投信マザーファンドの組み入れ銘柄を見ていきます。

以下は2022年11月30日時点の組入銘柄です。変わらず大型銘柄ばかりですね。

 

組み入れ上位10銘柄
銘柄名 銘柄コード 規模 上場市場 業種 業種 組入比率
東京海上ホールディングス 8766 大型 プライム市場 プライム市場 保険業 2.36%
GMOペイメントゲートウェイ 9432 大型 プライム市場 プライム市場 情報・通信業 1.80%
日本電信電話 9432 大型 プライム市場 プライム市場 情報・通信業 1.76%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 8306 大型 プライム市場 プライム市場 銀行業 1.68%
味の素 2802 大型 プライム市場 プライム市場 食料品 1.57%
インターネットイニシアティブ 3774 大型 プライム市場 プライム市場 情報・通信業 1.55%
伊藤忠商事 8001 大型 プライム市場 プライム市場 卸売業 1.51%
アドバンテスト 6857 大型 プライム市場 プライム市場 電気機器 1.44%
ディスコ 6146 大型 プライム市場 プライム市場 機械 1.33%
MICROSOFT CORPORATION MSFT 大型 NASDAQ NASDAQ その他海外株 1.29%

 

プライム市場の銘柄がほとんどです。

旧東証一部の中でも時価総額が大きい銘柄が蠢いているのがプライム市場です。

市場別比率
プライム市場 81.26%
スタンダード市場 2.35%
グロース市場 0.46%
その他海外株 4.93%
現金等 11.00%
合計 100.00%

 

東京海上がポートフォリオ1位は斬新な気がしますが、株価のボラティリティは限りなく低いでしょうね。

ひふみワールドファンドの組み入れ銘柄は以下です。

 

組み入れ上位10銘柄
No. 銘柄名 通貨 業種 組入比率
1 TETRA TECH, INC アメリカ 米ドル 商業・専門サービス 2.29%
2 DEERE & CO アメリカ 米ドル 資本財 2.26%
3 TJX COMPANIES INC アメリカ 米ドル 小売 1.94%
4 FERRARI NV アメリカ 米ドル 自動車・自動車部品 1.81%
5 LVMH MOET HENNESSY-LOUIS VUITTON SE フランス ユーロ 耐久消費財・アパレル 1.76%
6 THE HERSHEY CO アメリカ 米ドル 食品・飲料・タバコ 1.64%
7 MTU AERO ENGINES AG ドイツ ユーロ 資本財 1.59%
8 WORKDAY, INC アメリカ 米ドル ソフトウェア・サービス 1.43%
9 DR. ING. H.C. F. PORSCHE AG ドイツ ユーロ 自動車・自動車部品 1.37%
10 CADENCE DESIGN SYSTEMS, INC アメリカ 米ドル ソフトウェア・サービス 1.36%

 

米国株はドル高で不調ですので、厳しいとは思いますが比較的ボラティリティの低い銘柄が組み入れられていますね。資本財が最も比率が高いです。

 組み入れ上位10業種 比率
資本財 18.16%
ソフトウェア・サービス 13.12%
小売 8.33%
食品・飲料・タバコ 6.89%
各種金融 6.58%
半導体・半導体製造装置 6.48%
自動車・自動車部品 6.12%
耐久消費財・アパレル 4.81%
商業・専門サービス 4.15%
ヘルスケア機器・サービス 3.78%

 

 

手数料 (購入手数料/信託手数料)

手数料は以下となります。

購入手数料、税込3.30%(税抜3.00%)、信託財産留保額はありません。

3種類のまるごとひふみのそれぞれの信託報酬は以下の通りです。一番ファンドマネジャーの才覚が試される100が最も高いですね。

まるごとひふみ15 まるごとひふみ50 まるごとひふみ100
信託報酬率 年率0.660%
(税抜年率0.600%)
年率0.935%
(税抜年率0.850%)
年率1.320%
(税抜年率1.200%)

 

 

<速報ベース>運用実績(利回り)基準価額チャートより解剖

本番の運用実績です。

 

まるごとひふみ100運用実績

まるごとひふみ100 運用実績

  • 基準価額:9,488円
  • 純資産総額:425.77億円
  • ひふみ投信マザーファンド:59.98%、ひふみワールドファンド:39.51%、現金等:0.50%

21年3月末に運用開始となっていますが、基準価額は9488円ですから、マイナスのパフォーマンスとなっています。

2022年のベアマーケットでダメージを被っている印象が強いです。

1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年 3年 設定来
まるごとひふみ100 -0.29% 0.78% 1.97% -8.45% - -5.12%

 

まるごとひふみ50運用実績

まるごとひふみ50 運用実績

  • 基準価額:9,261円
  • 純資産総額:306.88億円
  • ひふみグローバル債券マザーファンド:49.70%、ひふみ投信マザーファンド:30.11%、ひふみワールドファンド:19.69%、現金等:0.50%

基準価額は9,261円ですから、こちらもマイナスのパフォーマンスとなっています。まるごとひふみ100より安定運用しているはずなのに、まるごとひふみ50の方が酷い結果となっています。

今年は安定資産である債券が大きく売られたので散々なパフォーマンスとなりました。

1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年 3年 設定来
まるごとひふみ50 0.35% -1.24% -1.76% -9.61% - -7.39%

 

 

まるごと15運用実績

まるごとひふみ15 運用実績

  • 基準価額:9,062円
  • 純資産総額:86.34億円
  • ひふみグローバル債券マザーファンド:84.72%、ひふみ投信マザーファンド:8.90%、ひふみワールドファンド:5.88%、現金等:0.51%

 

まるごとひふみ100、50よりさらに安定運用であるはずのまるごとひふみ15が最も悪いパフォーマンスでした。安定運用をしたいと考えていた人は踏んだり蹴ったりですよね。

債券が落ちた上に、為替ヘッジで円安を享受できず、悲惨な結果となっています。

 

1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年 3年 設定来
まるごとひふみ15 0.81% -2.63% -4.32% -10.62% - -7.39%

 

それでは三つファンドの実績と、シンプルにひふみ投信を購入していたらパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

 

各ファンドの比較

ひふみ比較

青:ひふみ投信
赤:まるごとひふみ15
緑:まるごとひふみ50
黄:まるごとひふみ100

 

全てマイナス運用で、マシなのが50、15ですね。債券の下落でダメージを受けたはずの50と15が結局は設定来から見ると株式100%のファンドである100とひふみ投信を上回っています。

とはいえ、厳しい運用結果ですね。

 

(トータルリターン) 1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年
まるごとひふみ15 0.81% -2.63% -4.32% -10.62%
まるごとひふみ50 0.35% -1.24% -1.76% -9.61%
まるごとひふみ100 -0.29% 0.78% 1.97% -8.45%
ひふみ投信 1.26% 0.72% 1.69% -9.22%

 

まるごとひふみの掲示板などでの評判

大きくマイナスを出しているので、良い評判は流石にないですね。

 

Yahoo!ファイナンス↓

「ひふみ」の名前で買う時代は終わった。下がるのみ!投資信託はeMAXISが無難。
日経も素晴らしい地合いの中、この投資信託は今だに大幅な元本割れって?
何をどう運用したらこんな詐欺まがいな事になるんでしょうか
不思議でたまりません そもそも今 元本割れのファンドを探す方が難しくないですか
くそ投信
12月中に逃げないと。来年前半痛い目あうかも。ここは、指数以下やった。😅
真面目に最低過ぎる投資信託ですね
下げはインデックス以上に下げ、上げはインデックス以下しか上げない!
この悪くない地合いの中 100万買った老人の資産が85万に(°_°)
資産減らしてる老人が会社へせっせと高い金だけ支払うしかない糞ファンド
託された責任を全く感じてない人種達を相手に・・・・
こんな投資信託をNISA扱いにした責任も大きいですね
今日の相場でも下がるってある意味スゴいですね。

 

まとめと今後の見通し

今後の見通しとしては、ひふみシリーズはワールドが入ってもやはり日本株への投資がメインです。

ひふみ投信の見通しと被るところもありますが、既に資産規模が大きくなってしまった結果、高いリターンは出せなくなり、規模の大きい銘柄への投資に限定されていることから高いリターンを出すのは難しいです。

また、2022年に関しては大幅な円安で日本株は比較的パフォーマンスが出しやすかった環境でありながら、海外ファンドがリターンを出している中、今年はマイナス運用に沈みました。

 

今後は米FRBが利下げ転換を実施し、円安が是正される中、資金流出が見込まれる日本株式市場でインデックスのような投資をしているひふみシリーズのファンドが良いパフォーマンスを出せるイメージが全く湧きません。

やはり、景気サイクルや相場次第でパフォーマンスが限定されてしまうファンドよりも、どんな相場でも積極的にリターンを狙っていけるようなファンドを継続的に買っていくべきではないかと筆者は思っています。

【2022年から始める堅実複利運用】信用できる日本国内おすすめヘッジファンドをランキングで紹介。投資失敗で大損しないための富裕層が実践する哲学を理解しよう。
【最新版】管理人が考える日本のおすすめヘッジファンドランキング!(投資信託・ETFを含む)個人投資家が投資失敗で大損しないための、富裕層が実践する哲学を理解しよう。

長期で資産を大きく成長させるために必要なこと、それは「毎年プラスの運用リターンを出す」ことです。 言い方を変えると「毎年絶対に運用でマイナスを出さない」ということです。 欧米のプロ投資家が口を揃えてい ...

続きを見る

 

結び

金融資産2〜3億円で完全リタイアは可能か?安定した生活を送るための運用法(50歳、60歳など年代別ポートフォリオを検討)

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。しかし、この情勢は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

depression

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

 

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2023 アーリーリタイアを実現する資産運用ブログ〜Art of Investment〜 Powered by AFFINGER5